豆知識

合唱コンクールで優勝するコツ!指揮者や伴奏者と曲別のポイントも徹底解説!

中学校の文化祭などで、

合唱コンクール

があるという場合は多いのではないでしょうか。

私も中学校のときに文化祭と市のイベントで合唱コンクールがありました。

イベントでは文化会館で大勢の前で合唱を披露し、文化祭では全校の前で各クラスが合唱をして競い合いました。

 

中学生になると、自我が芽生えてきて友達とのコミュニケーションが上手に取れなかったり、グループ化していじめのような状態になってしまったりすることもあります。

そんな中、合唱コンクールに向けてクラスが一丸となって練習する、というのは仲を深めることが出来るでしょう。

 

そんな素敵なイベントである合唱コンクールですが、せっかく取り組むのならばやはり優勝を目指したいですよね。

そこで今回は、

  • 合唱コンクールで優勝するコツ
  • 指揮者と伴奏者の気をつけること
  • 曲別のポイント

についてご紹介します。

合唱コンクールで優勝を狙っているという方は必見です。

 


合唱コンクールで優勝するコツは?

合唱コンクールで優勝するコツは?

まずは合唱コンクールで優勝するコツについてですが、なによりクラスみんなの心を一つにすることが大切です。

私のクラスはグループに分かれていて、グループ同士の対立などもありました。

決して仲の良いクラスとは言えませんよね。

 

しかし、合唱コンクールでは見事優勝することが出来ました。

ほかのクラスよりも全員で集まれることも少なかった私たちのクラスで、優勝という結果を残すことが出来たのは、何より一丸となって取り組むことが出来たからだと思います。

 

合唱の前には、必ず毎回組んだことのない人とペアを組んで、顔のマッサージやストレッチを行いました。

これでのどや体が歌う体制になりますし、コミュニケーションを取ることが出来ます。

 

合唱中にも、それぞれが向かい合ってうたい、注意点をお互いに自由に述べるようにしていました。

遠慮していると距離が出来てしまうので、思ったことをしっかりと相手に伝えて、改善するようにしていました。

 

このように、クラス全体で何でも言い合えるような、信頼し合える仲を作っておくことが、大切だと思います。

心がひとつになっていない状態で合唱をしても、なかなか上手くなっていかないでしょう。

 

まずは心を一つに出来るように、お互いに信頼できる関係を作るところから始めることをおすすめします。

 


合唱コンクールで優勝するための指揮者と伴奏者のコツは?

合唱コンクールで優勝するための指揮者と伴奏者のコツは?

次に、合唱コンクールで優勝するための指揮者と伴奏者のコツについて見ていきましょう。

まず指揮者ですが、指揮者は全体を指揮する重要な役割ですので、1人1人と心を通わせる必要があります。

 

指揮をするときには、パートに分かれるときでも一人一人とアイコンタクトを取ることを意識して行いましょう。

全員が、自分に指示しているのだと感じられるように、伝えることが大切です。

 

そして伴奏者ですが、歌っている方に注目が集まりそうだと思われがちですよね。

しかし、伴奏者も結構見られているのです。

とくに前奏や間奏などピアノオンリーのときには注目されます。

 

このときには特に、指揮者と息を合わせて感情をこめて演奏するようにしましょう。

合唱コンクールではピアノを弾いている様子も評価に入ることがあります。

体ごと演奏している、という気持ちで音楽に身を任せて弾くと良いかと思います。

 

また、よく歌とピアノがずれている場合がありますので、指揮者をきちんと見てリズムを守りながら弾くことが大切です。

自分も見られている、ということを意識して練習から気持ちをしっかりと込めて演奏して下さいね。

 

合唱コンクールで優勝するための曲別ポイント

合唱コンクールで優勝するための曲別ポイント

最後に、合唱コンクールで優勝するための曲別のポイントについてです。

合唱コンクールで選ばれる曲には大きく分けて明るい曲、落ちついたしっとりとした曲に分けられるかと思います。

 

まず、明るい曲の場合は弾むようにおなかから声を出して歌いましょう。

サビの時に一番盛り上がるように、クレッシェンドに気をつけて歌うことをおすすめします。

顔もにこにこと笑顔で歌うことを心がけると良いかと思います。

 

そしてしっとりとして落ち着いた曲に関しては、最後にオチが来ることが多いかと思いますので、オチに向けてだんだんと声量を上げていくようにしましょう。

低い音が続くと、ぼそぼそと何を言っているのか聞こえなくなることもあるので、口は開いて歌うようにしてください。

言葉の最後までしっかりと発音することで、大きな声を出していなくても伝わりますし、心に響くと思いますよ。

 

このように、曲によってコツを意識して歌うと評価してもらえるでしょう。

 


まとめ

今回は、合唱コンクールで優勝するコツを紹介しました。

そのコツは

  • クラスみんなの心を一つにすること
  • 指揮者は一人一人とアイコンタクトを取ることを意識して行うこと
  • 伴奏者は指揮者をきちんと見てリズムを守りながら弾くこと
  • 明るい曲の場合は弾むようにおなかから声を出して歌うこと
  • 落ち着いた曲に関しては、最後に向けてだんだんと声量を上げていくこと

でした。

 

優勝するためにはただ何度も回数をこなすだけではなく、ポイントやコツを押さえて取り組むことが大切です。

 

最初は難しいなと思うことも多いでしょう。

しかし、練習していくうちにだんだんとみんなの心が一つになっていくことがわかるかと思います。

 

ぜひこれらを参考にして、合唱コンクールは優勝を目指して頑張って下さいね。

スポンサーリンク

豆知識
マメ知識

豆知識カテゴリーでは、主に日常生活でよくある疑問に対する答えを書いた記事を掲載しています。

雪の日のワイパー上げるのなぜ?
エースピッチャーの背番号が18番なのはなぜ?
プレゼントに隠された意味とは?

など、ふと疑問に思うことへの答えが満載なのでぜひ見てみてください。

豆知識カテゴリーへ

スポンサーリンク