人間関係・心理

結婚してもメリットはない?男女ともにデメリットだらけ!?

ハッキリ言って結婚はメリット・デメリット両方あります。

しかも男女によって違います。

 

しかしその前にこれだけは覚えておきましょう!

 

結婚は愛がなければ成立しません!(。-`ω-)

 

さて、そうはいっても一世一代のイベント結婚で失敗はしたくないですよね。

私も若い頃はそうでした。

 

現代の人たちは結婚に対して本当にネガティブに考えているのでしょうか?

どんなメリット・デメリットが考えられるのでしょうか?

失敗しないようにするにはどうすればいいのでしょうか?

 

今回はもうすぐ結婚10年目に突入する筆者とともに結婚の良し悪しや、いつまでも仲良しでいられるコツなど今まで経験してきたことも含めてみなさんにお話します!

 


結婚のメリットを男女で比較して紹介

結婚のメリットを男女で比較して紹介

さっそくですが結婚にたいしてどんなメリットがあるんでしょうか。

最初は男性から見ていきましょう!

 

男性が結婚するメリット

  • 愛する人とずっといられる
  • 子供が作れる
  • 税金面で優遇される
  • 世間体が良くなる
  • 自立心が強くなる

続いて女性はというと・・・

 

女性が結婚するメリット

  • 愛する人とずっといられる
  • 子供が作れる(母性が強くなる)
  • 世帯収入が増える
  • 親・世間からの圧力から解放される
  • 困ったとき頼りにできる

男女一緒の意見もありますね。

まず男女共通のメリットは「愛する人とずっといられる」、「子供が作れる」です。

愛する人とずっといられる

確かに、この人と一生を共にしたい!という願いを形に見えるようにしたのが結婚です。

一緒に楽しい事や悲しい事を共有したいという気持ちは男女共にかわりません。

メリットの中では一番みなさんが求めるメリットではないでしょうか?

おじいちゃんおばあちゃんになっても仲良しでいられるのは本当に素晴らしいことですよね!

 

私もそうなるように頑張ってます!(´・ω・)

子供が作れる

結婚すると大抵安心して子供を作れます。

できちゃった婚でも私はいいと思いますが世間の目はまだ厳しいものがあるようです。

 

女性は子供を産むと性格が変わるとよく言われていますが、確かに「お母さん」になると違います(笑)

私の嫁さんも変わりました。(小声)

出産は男性には計りしえない痛みと苦しみだといわれているので出産を乗り越えると精神的に強くなり少しのことでは物怖じしなくなるのでしょう。

女性はやっぱりすごいね(`・ω・´)

税金面で優遇される

ここからは男性のメリットをご紹介します。

意外に知られていないのが税金の控除です。

男性は結婚後、妻を配偶者にすることで所得税配偶者控除され年に数万円のバックを受けることができます。

また妻が扶養に入ることで、自身の社会保険料が減るといったメリットがあります。

小さな事かもしれませんが知らないよりは知っていた方が独身者よりも得することが多いです。

世間体が良くなる

ある調査で結婚している男性と独身の男性はどちらが信用があるかというアンケートがありました。

結果はなんと9割の人が結婚している男性を信頼することがわかりました!

これは仕事にも直結することであり、独身男性の中には上司から「お前は結婚してないからまだ半人前だ」と言われる人もいるようです。

これは頭の固い人の考えかもしれませんが、未だにこうした考え方の人も世の中にはいます。

 

それに対して結婚しているだけで信頼されるなら十分メリットですね(笑)

自立心が強くなる

男性は子供ができるとより一層家族の為に頑張ろうとやる気が出ます。

休みを返上してまで家族サービスする男性はかなりいるのではないでしょうか。

 

結婚して妻、子供ができると、家族に自分が必要とされていると意識し、より一層自立心が強くなります。

私自身も結婚をきっかけに自立心が強くなったと思います。

 

仕事が早く終わった日は必ず料理、洗濯、掃除はやりますしね。

まぁ嫁さんに怒られないようにしているだけかもしれませんが(笑)

それでも結婚してなければこういう家事は未だにしていなかったと思います。

 

今度は女性のメリットを見ていきましょう。

世帯収入が増える

収入は大事なメリットの1つです。

 

最近は共働きが主流ですが夫の収入が高い場合、働かなくても専業主婦として自分の時間を自由に使えます。

経済的に安定していることは夫婦間の安定にもつながります。

 

生活のためには絶対的にある程度の収入が必要になるので、その収入が確保できている男性と結婚することはかなりのメリットになります。

親・世間からの圧力から解放される

親から早く結婚しろと言われたり周りが結婚し始めると女性はどうしても焦ってきます。

日本女性の平均結婚年齢が29.4歳なので30までには結婚したいと思う女性は多いようです。

 

結婚するとそのプレッシャーから解放され親や世間からの圧力はなくなります。

毎日グチグチ言われるのは精神的にもかなりプレッシャーですからね。

 

ちなみに私の嫁さんも20代後半になると結構焦ってました。

困ったとき頼りにできる

強い女性ももちろんたくさんいますが、いざという時頼りになる存在がいてくれるとありがたいですよね。

 

結婚するとただ一緒に生活するだけじゃなく人生を共有します。

辛いとき、悲しいとき、寂しいとき、苦しいとき。

 

いざという時横に生涯のパートナーが横にいることはメリットでしかないでしょう。

 

私も嫁さんを頼りにしてます。(笑)


結婚のデメリットを男女比較して紹介

結婚のデメリットを男女比較して紹介

続いてデメリットです。

どんな恐ろしいことが書いてあるんでしょうか?(笑)

まずは男性から・・・

  • 自分の時間やお金を自由に使えない
  • 愛情が無くなる
  • 他の友達や女性となかなか遊べない
  • 好きな女性ができても口説けない
  • 自分で稼いだお金なのに管理される

・・・まぁわからんでもないです。(笑)

 

次は女性の意見です。

  • 自由な時間が少なくなる
  • 愛情が無くなる
  • 姓の変更が面倒くさい
  • 嫁・姑の関係がうざい
  • 家事全般を任されがち

こちらもごもっともです。(笑)

デメリットで男女共通するのは「自分の自由がなくなる」「愛情が無くなる」です。

自分の自由が無くなる

これはほとんどの家庭が当てはまるのではないでしょうか?

 

付き合っていた時は気にならないかもしれませんが結婚すると突然時間やお金が制限されてしんどいという人が多数いるようです。

結婚すると時間もお金も共有しますからこの問題だけは避けられないデメリットです。

確かに私も自由な時間といえば、みんなが寝静まった後の晩酌くらいですかね(笑)

愛情が無くなる

悲しいですが真実にあり得ます・・・(笑)

普段生活をしていると一緒にいることが当たり前になってしまい、扱いが雑になったり気の利かない態度をとってしまうのです。

 

それどころか今度は相手を見るだけでムカついたりイライラしてしまい、より態度が冷たくなるといったループになることもあります。

愛情が無くなるのが怖い!というのはある意味一番のデメリットかもしれません。

 

ですがそうならないように出来るだけ何気ないことでも笑顔で話すことや素直に謝る、サプライズを楽しむことで愛情は保てます。

今度は男性のデメリットを見ていきましょう!

好きな女性ができても口説けない

これは男性のみなさんは口が裂けても言ってはいけないやつですね(笑)

これをやってしまうと「浮気」になるし下手すると離婚して慰謝料まで取られます。

 

そもそもこれがデメリットという人は結婚はやめておいたほうがいいです。

まぁ人間は新しいものに興味がわく生き物なので人間の本能からするとデメリットになります。

 

当然私は妻一筋です。(棒読み)

自分で稼いだお金なのに管理される

私の友人がまさに管理されていますが、会うたびに「俺が稼いでるのに~」や「こづかいが少なくて~」といったグチをこぼしています(笑)

 

私の場合は夫婦別でお互い自分で管理しているので個人的にはデメリットにならないです。

結婚する前によく話し合っておくことをおススメします。(笑)

 

では続いて女性のデメリットです。

姓の変更が面倒くさい

男性が変更する場合もありますがまだまだ女性のほうが多いです。

姓の変更で必要な手続きだけでも、保険証、年金、住民票、キャッシュ、クレジットカード、免許証・・・

細かなものも合わせるとかなり時間を取られますしめんどくさいです。

 

妻も私と結婚して各種の姓の変更手続きをしていた時、1人で「クソめんどくせーな!!」と叫んでいたのを私は物影から見ていました(笑)|д゚)ゴメンネ

嫁・姑の関係がうざい

これは個人差があります。

すべての人が嫁姑関係が悪くなることはありませんが、もし関係が悪くなるとほぼ修正不可能です(笑)

唯一の救いは家が別々だとか遠距離でなかなか会わないのならまだマシですが、もし一緒の家で仲が悪くなるともう毎日が憂鬱です。

 

男性側が協力してくれればいいですがあまり期待しないほうがいいでしょう。

解決方法は「慣れていく」しかありません。

家事全般を任されがち

これも昔の亭主関白の名残ですね。

 

「男は仕事だけしていればよい」という間違った認識が未だに根付いています。

 

毎日の食事や洗濯、掃除は基本女性のやることと決めつけている男性はまだ多くいるようです。

 

もちろん料理が好き、掃除は自分でやらなきゃ気が済まない人もいるので一概にはいえません。

このデメリットは話し合いで解決できるので、1人で悩まず積極的に相談しましょう!

 

結婚への意識や身体的影響は時代によって違う!現代では?

結婚への意識や身体的影響は時代によって違う!現代では?

今回の結果をまとめると・・・

  • 男女共通のメリットは「愛する人とずっといられる」「子供が作れる」
  • 男性のメリットは「税金面で優遇される」「世間体が良くなる」「自立心が強くなる」
  • 女性のメリットは「世帯収入が増える」「親・世間からの圧力から解放される」「困ったとき頼りにできる」
  • 男女共通のデメリットは「自分の自由がなくなる」「愛情が無くなる」
  • 男性のメリットは「好きな女性ができても口説けない」「自分で稼いだお金なのに管理される」
  • 女性のデメリットは「姓の変更が面倒くさい」「嫁・姑の関係がうざい」「家事全般を任されがち」
  • しょうがないこともあるが話し合いで解決できることもたくさんあるので悲観的にならなくてよい
  • 結婚のメリットは「事前に見つけておくもの」ではなく気が付いたら「すでに持っているもの」である

昔は結婚がステータスでありみんなの目標でした。

 

男は仕事で家族を養い、女は子供を育てて家事をすることが普通でした。

 

現代では多数の意見より個人の主張が取り上げられる時代になりました。

 

現代の人は周りの意見に耳を傾けすぎているような気がします。

自分の意見のようで実は根底にはネットの意見が影響していたり・・・

 

私個人の意見ではそもそも結婚を、他人のメリット・デメリットを見て決めるものではないと思います。

 

結婚はそんなに単純なものではありません。

確かに結婚に対して不安になるのは仕方ない事です。

それはまだ経験していない、未回遊のことだからです。

 

経験していないことの答えは経験するしかありません。

 

経験して反省して原因を探って解決法を話し合い、またそれを経験する・・・

 

これを自分のためではなく相手のためにするのが結婚なのです。

スポンサーリンク

人間関係・心理
人間関係・心理

人間関係・心理カテゴリーでは、人間関係や人間の心理に関する悩みを解決する記事を掲載しています。

たとえば
男性が視線をそらす意味
狭い場所が落ち着く人の心理
電車のつり革につかまらない心理
など。

人間関係・心理について他の記事も読みたい方はこちらをクリックしてください。

人間関係・心理カテゴリーへ

スポンサーリンク