豆知識

高齢者の運転は何歳まで可能?運転をやめさせるにはどうすれば良い?

最近は高齢者ドライバーによる事故が多いですよね。

判断力の低下により、アクセルとブレーキの踏み間違いで死亡事故も起きています。

 

高齢者ドライバーは自主的に免許を返納するようにと呼びかけられていますが、車がなければ生活に支障が出る場合は難しいでしょう。

自分の長年の運転に自信を持っていて、返納したくないと思っている高齢者の方も多く居ると耳にします。

 

免許返納は義務ではないので、教習所での訓練をクリアすれば運転を続けることが出来ます。

しかし、やはり知らず知らずのうちに判断力が低下していくので、統計をみてもやはり高齢者ドライバーは事故を起こす可能性が高いです。

 

また、高齢者以外のドライバーが安全運転をしていても、高齢者ドライバーによって思わぬ事故に巻き込まれてしまうことがあります。

あのときに返しておけば良かった、と後悔するのでは遅いですよね。

 

そこで今回は、

  • 高齢者の運転は何歳まで可能なのか
  • 高齢者に運転を辞めさせるにはどうしたらよいか
  • 高齢者ドライバーの適性チェック方法

についてご紹介します。

 


高齢者の運転は何歳まで可能?

高齢者の運転は何歳まで可能?

まずは、高齢者の運転は何歳まで可能なのかについてみていきましょう。

この回答として、法律では何歳まで、という明確な年齢は決められていません。

 

最近は政府の勧奨で、定年退職の年齢が65歳に引き上げられてきています。

企業では70歳までを雇用するということを検討しているところもあるようです。

運転免許も、この70歳がポイントになると考えます。

 

70歳よりも前であれば、通常の有効期間は5年となっていましたが、現在は70歳で71歳の誕生日が更新日の場合、その期間は4年とされています。

これにより、71歳以上になるとゴールド免許証であっても更新した後は有効期限が3年とされてしまうのです。

 

ここがその大きな分かれ目になります。

70歳以上のドライバーは高齢者講習と呼ばれる、運転適性検査や実車による2時間ほどの講習を受けなければいけません。

これによって高齢者講習終了証明書が交付されて、免許証の更新が保証されるという仕組みです。

 

ちなみに75歳以上になると、高齢者講習に加えて認知機能検査を受けることが義務化されています。

認知機能の検査でも合格しなければ、運転免許の更新はできないということです。

 

これらをふまえて、運転できる年齢は目安としては70歳頃までで、安全に運転が出来るまでと言えるでしょう。

 


高齢者に運転をやめさせるには?

高齢者に運転をやめさせるには?

高齢者は事故の可能性がとても高く、死亡事故の50パーセント以上は高齢者ドライバーによるものだという統計もあります。

できれば高齢になったら免許の返納を自主的に行ってほしいですよね。

 

しかし、親が高齢ドライバーでまだ免許を返納していない、という方も多いでしょう。

やはり、地方では特に、公共交通機関があまり発達していなくて、場所によっては1時間に1本、一日に数本しかバスがないというところもあります。

 

そのような場所では、近くにスーパーなどがなければ買物に行くにも大変ですよね。

そうなると、車がなければ生活が困難になってしまいます。

 

また、返納してほしいと言っても大丈夫だからとかたくなに返したくない方も居るでしょう。

危険な運転による事故の報道をみる度に、親のことも心配になりますよね。

どうしたら運転を辞めさせることができるのでしょうか。

 

高齢者に運転を辞めさせる方法についてみていきましょう。

孫に話してもらう

高齢者になると、お孫さんがいらっしゃる方も多いでしょう。

自分が言っても聞き入れてもらえない、と言う場合にはお子さんに伝えてもらうのが良いでしょう。

 

子どもに言われるのと孫に言われるのとでは効果が違うことも多いです。

かわいい孫に言われるなら仕方ない、と諦めて免許を返すことを決断する高齢者の方もいるようです。

主治医に言ってもらう

田舎の方では特に、かかりつけの病院、医者がいるかとおもいます。

普段から医者の話は素直に聞き入れているということが多いでしょう。

 

医者に辞めた方が良い、と説明されたらさすがにやめようかなと意識するはずです。

病院の先生に頼んでみるのも良いかと思います。

電動カートを買う

電動カートは安全ですし、移動に便利ですよね。

車の免許を返す代わりに、電動カートを買ってあげることで、便利になりますし危険もだいぶ減るのでおすすめです。

 

高齢者ドライバーの適正チェック方法!

高齢者ドライバーの適正チェック方法!

最後に、高齢者ドライバーの適性チェック方法についてご紹介します。

 

次の選択肢に、マルとバツをつけて、毎週更新していくと良いでしょう。

  1. 運転中、何度もセンターラインを越える
  2. 路側帯に乗り上げることがある
  3. 車庫入れや駐車を失敗する
  4. ふだん通っていない道に出るとパニックになる
  5. 車間距離がとれていない

これらの5つを最低限確認してください。

 

自分の親はまだ運転していても大丈夫なのかと不安に思っている方は、チェックすることで少しは不安が軽減されると思います。

1つでもバツがついて、2回以上続いた場合には危険ですので運転を辞めることを勧めましょう。

 


まとめ

今回は、高齢者は何歳まで運転が可能なのかについてご紹介しました。

高齢者の運転については

  • 法律では何歳まで、という明確な年齢は決められていない
  • 目安としては70歳頃までで、安全に運転が出来るまで

ということでした。

 

私の祖母ももうすぐ65歳になるので、免許返納を検討していかなければと感じました。

早い段階から、危険性について話し合っておくことが大切だと思います。

 

ご家族が高齢で運転しているという方は、これらを参考にして免許返納を検討してみてくださいね。

高齢者の交通事故によるけが人や死者を出さないためにも、早めの免許返納をみんなで呼びかけていきましょう。

スポンサーリンク

豆知識
マメ知識

豆知識カテゴリーでは、主に日常生活でよくある疑問に対する答えを書いた記事を掲載しています。

雪の日のワイパー上げるのなぜ?
エースピッチャーの背番号が18番なのはなぜ?
プレゼントに隠された意味とは?

など、ふと疑問に思うことへの答えが満載なのでぜひ見てみてください。

豆知識カテゴリーへ

スポンサーリンク