ライフハック

免許更新にかかる時間!所要時間の違いは講習による!

やってきました運転免許の更新通知ハガキ。

ドライバーのつとめとはいえ、

「正直面倒くさいな~」

と思ってしまうことはありませんか?

 

私はあります。

 

だって免許更新ってどのくらいで終わるのか分かりにくいんだもの。

特に仕事や子育てを抜け出して行くとなると、腰が引けてしまいますよね。

 

そこでこの記事では、免許更新の「各講習時間」と「その他手続きの時間」についてまとめました。

人が少ないおすすめの時間帯もご紹介しますので、参考にしてくださいね。

 


免許更新にかかる時間は?優良は講習時間は短い!

免許更新にかかる時間は?優良は講習時間は短い!

運転免許の免許更新は過去の運転状況で分類が変わります。

どんなに華麗なドライビングテクニックの持ち主でも、更新時には決められた区分の講習を受けなければいけません。

 

その中でいちばん短いのが『優良運転者講習(30分)』

 

無事故無違反・ドライバーの鑑・免許証だって金色!「30分」の文字も輝いて見える、いわゆるゴールドドライバーです。

彼らにとって、日頃の安全運転が報われる瞬間が免許更新だと言っても過言ではありません。

 

そんな優良運転者の対象条件がこちら。

優良運転者講習

  • 講習時間:30分
  • 対象:過去5年で無事故無違反

優良を含めどの講習でも、運転知識のおさらいと交通ルールの改正点を学ぶことになります。

他の講習では教官からの質問が飛びますが、優良だとスライドを見るだけのことが多いですね。

 

私が受けたときも「心配ないとは思うけど一応説明させてね~」と終始和やかなムードでした。

 

まずはゴールドドライバーを目指すこと。

安全運転の心がけが、免許更新の時間短縮にもつながるんですね。

 


一般や違反者や初回講習の時間はどのくらい?

一般や違反者や初回講習の時間はどのくらい?

とはいえ車の運転に危険はつきもの。

もし違反をしてしまったら、更新時には以下のどれかを受けることになります。

  • 一般運転者講習(60分)
  • 違反運転者講習(120分)
  • 初回更新者講習(120分)

それぞれの対象条件を詳しく見ていきましょう。

一般運転者講習

  • 時間:60分
  • 対象:5年間に3点以下の違反が1回のみ

3点以下でも違反は違反。

ビデオを見ながらやんわりとお灸を据えられる60分。

違反運転者講習

  • 時間:120分
  • 対象:5年間に3点以下の違反が2回以上、または人身事故歴あり

被害者はもちろんあなたの未来のためにも、二度と違反はさせません!

教官の愛の鞭とビデオで、交通安全をみっちり学ぶ120分。

初回更新者講習

  • 時間:120分
  • 対象:初めての更新で3点以下の違反が1回以下

違反をしてもしなくても、初めてなら平等に120分。

ただし違反が2回以上だと初めてでも違反者講習になります。

 

どれも指導をメインとした講習なので長めですね。

それでも講習自体が長引くことはほとんどないので、時間は見積もりやすいでしょう。

 

免許には講習以外にも手続きの時間がある!

免許には講習以外にも手続きの時間がある!

「講習時間は分かった。さあ更新に行こう!」

と思ってもちょっと待って。

 

免許更新では、講習+1~2時間と見ておくのが安心です。

 

というのも免許を更新するには、講習以外にもこんな手続きがあるから。

免許更新の流れと所要時間

  1. 更新申請書の記入
  2. 手数料の支払い
  3. 視力検査
  4. 更新の登録受付
  5. 写真撮影
  6. 講習
  7. 新しい免許証をもらう

各手続きは3分から10分程度。

平均5分とすると、講習を除けば30分で終わる計算ですが……

 

盲点なのが順番待ちで、免許センターの混雑状況によっては1時間以上待つことも!

 

また講習が始まるまでにも、平均すると30分~1時間ほど空く場合が多いようです。

 

免許更新に行くときは、余裕を持って3時間ほど取っておくと安心ですね。

 


人が少ないおすすめの時間帯は?

人が少ないおすすめの時間帯は?

意外と時間のかかる免許更新。

少しでもスムーズに済ませるために、混み合う時間帯は避けたいですよね。

 

おすすめはずばり『木曜日か金曜日の午前中』です。

 

まずは各免許センターが共通して混み合う曜日と時間帯をご覧ください。

免許センターが混む曜日と時間帯

  • 月曜日から水曜日
  • 土曜日と日曜日
  • 長期休暇中(お盆・正月・夏休みなど)
  • 時間は午前より午後

やる気のある週の前半、特に仕事の目処が立つ午後から更新に来る人が多いと考えられますね。

また週末や長期休暇も混雑必至でしょう。

 

逆に言うと、長期休暇を避けた週後半の午前中は空いている可能性が高いです。

特に営業開始まもない朝8時前後は狙い目ですね。

※各免許センターによって営業時間が違うので要確認。

 

まとめ

以上、免許更新の時間について解説してきました。

  • 優良運転者講習:30分
  • 一般運転者講習:60分
  • 違反運転者講習:120分
  • 初回更新者講習:120分
  • 総時間:各講習時間+各種手続き(3時間目安)
  • おすすめは木曜日か金曜日の午前中

3時間!……と聞くと長く感じますが、空いていればあっさり終わるので安心してくださいね。

混んでいても焦らずにいられるように、余裕を持って時間を見ておくのが大切です。

 

そしてもっと大切なのが、日頃から安全運転を心がけること。

たとえ免許更新のためでも、ゴールドドライバーが一人でも増えることは社会の大きな財産だと私は思います。

 

免許更新をスムーズに済ませるため、そして社会のためにも、今日からゴールドドライバーを目指していきましょう!

スポンサーリンク

ライフハック
ライフハック

ライフハックカテゴリーでは、知っていることで生活に役立つ便利な情報を提供しています。

たとえば

宝くじに当たる秘訣
ディズニーのお菓子缶の使い道
お小遣いが少ない主婦の節約術
など。

日常生活を少し快適にしたい方はぜひ他の記事も読んでみてください。

ライフハックカテゴリーへ

スポンサーリンク