MENU
ライフハック

水風呂の正しい入り方は?サウナ後に入るとどんな効果がある?

あなたは水風呂に入ることがありますか?

水風呂は好き嫌いが分かれますよね。

 

私は水風呂にあまり入ったことがありません。

しかし、友人が夏に水風呂によく入っていて、いいよと勧められるので入ってみたいなと思っています。

水風呂に入ることが多いという方は、サウナの後に入るという場合が多いのではないでしょうか。

 

好きで水風呂によく入る、という方は正しい入り方をご存じですか?

実際あまりよく知らずに入っている、という方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。

水風呂にはあまり知られていませんが正しい入り方があるのです。

 

また、水風呂に入ることによってどんな効果が得られるのか、気になりませんか?

そこで今回は、

  • 水風呂の正しい入り方
  • サウナの後に水風呂に入ることで得られる効果
  • 水風呂の効果

についてご紹介します。

 


水風呂の正しい入り方!入る前に体を慣らす!

水風呂の正しい入り方!入る前に体を慣らす!

水風呂に普段入ることがある、という方も入り方についてはあまり知らないのではないでしょうか。

普通のお風呂に入るときと違って、水風呂は冷たいので体に負担がかかりますよね。

 

ですから、水風呂に入るときには気をつけたいコツがいくつかあります。

水風呂の正しい入り方についてみていきましょう。

 

まずは温度について確認します。

人間にとって最適なお風呂の温度は、だいたい40℃から43℃だといわれています。

半身浴の場合は、およそ33℃から36℃の温度でつかることが多いでしょう。

 

水風呂の場合はさらに温度が低くなります。

水風呂はおよそ16℃から24℃にします。

このくらいでもやはり普段温かいお湯に入っている方はかなり冷たいと感じる温度です。

 

しかし、水風呂と言っても16℃以下の温度にするのは危険です。

冷水にすると体に悪いので、水温はしっかりと測ってください。

 

初めて水風呂に入るという場合は、入浴時間を5分と決めて、慣れてきたら10分、15分と伸ばしていくようにしましょう。

最初から長くつかるのは危険なのでやめましょう。

 

そしてつかり方ですが、足から全身へと少しずつつかることが大切です。

慣れてしまうと特に、全身をいきなり浴槽に入れてしまうという方がいらっしゃいますが、大変危険です。

 

サウナから出た後は特に、熱くて冷たい水に入りたいという状態ですから、全身を一気に水風呂にいれてしまう方も多いでしょう。

全身からいきなり入ると、冷たいお風呂なので体に大きな負担がかかります。

 

正しい水風呂の入り方としては、足の先からゆっくりとつかることを心がけてください。

足先から入って足首、ふくらはぎ、おなか、手、腕という順番で、できるだけゆっくりと水風呂に入るようにしてください。

 

最初は特に、体が慣れていない状態ですので1つの部分につき3分くらいかけてとにかくゆっくり入ることがポイントです。

 

心臓から遠いところから順につかっていってください。

心臓に負担をかけないことが大切です。

 

最初から水風呂につかるのが難しいという場合は、水着の状態でつかることをおすすめします。

水着があると、直接水に触れないため体への負担が少なくなります。

 

水風呂の入り方で、もたらす効果も大きく変わってきます。

温度を守って出来るだけゆっくりと、心臓に遠いところからつかってください。

 


サウナの後に水風呂に入るとどんな効果がある?

サウナの後に水風呂に入るとどんな効果がある?

サウナに入った後で水風呂に入ると、どんな効果があるのか気になりますよね。

サウナに入ったあとの水風呂が楽しみだという方もたくさんいらっしゃるでしょう。

サウナの後、水風呂に入ることで、女性には特にうれしい効果があるのです。

 

サウナの後に水風呂に入ったら、毛穴が引き締まり、肌にハリが出たような感覚を持ったことはありませんか。

サウナの後に水風呂に入ることで、肌が綺麗になるという効果があります。

 

冷たい水に入ることで、肌が張るような感覚はありますが、サウナの後の水風呂で肌がキレイになるということには根拠があるのです。

サウナには交感神経を刺激する働きがあります。

そして水風呂には、サウナとは逆に副交感神経を刺激する働きがあるといわれています。

 

これらを交互に行うと、自律神経が刺激されるので、新陳代謝を促進することができるのです。

新陳代謝が促されることで、ホルモンの分泌が盛んになります。

これにより、肌にハリやツヤが出てくるという仕組みです

 

つまり、サウナの後に水風呂に入ると、アンチエイジング効果があるということです。

肌にハリやツヤを取り戻したい、という方は特に、サウナの後、水風呂を利用してみてはいかがでしょうか。

 

水風呂で得られる効果は?

水風呂で得られる効果は?

水風呂によって得られるうれしい効果は、先ほどご紹介した肌が綺麗になる、というものの他にもあります。

 

まずはホルモンバランスを整えてくれるという効果です。

現代社会は仕事や家庭などでストレスを抱えている方がとても多いです。

 

残業などで寝るのが遅くなってしまい、睡眠不足のまま毎日を送っているなど、不規則な生活習慣の方は多いですよね。

男性、女性ともにストレスを抱えることでホルモンバランスが乱れてしまいます。

 

ホルモンバランスの乱れによって、体にさまざまな悪影響を及ぼしてしまいます。

イライラしやすく短気になってしまったり、体が疲れやすくなったり、やる気が全然起きなくなったりなど、生活に影響が出てしまいますよね。

ホルモンバランスの乱れによって毎日のようにイライラしているという方も少なくないでしょう。

 

女性の場合は体調の変化でホルモンバランスが乱れやすいとされています。

水風呂に入ることで副腎に刺激を与えて、ホルモンバランスを整えるという作用が働きます。

 

ストレス社会で働く現代人にはとてもうれしいですよね。

さらに、水風呂は健康や美容に効果があるだけではなく、花粉症などのアレルギー症状やアトピーの改善も期待できます。

 

アレルギーやアトピーをお持ちの方は、ぜひ水風呂を活用してください。

水風呂によって毛穴が引き締まって、アレルギーやアトピーが改善する可能性があります。

 

また、アレルギー体質の人は、副腎の活動が弱くなっているようです。

腎臓にはアレルギー症状を緩和する働きがあるため、水風呂に入ることで腎臓の働きが活性化します。

 


まとめ

今回は、水風呂の正しい入り方についてご紹介しました。

その入り方は、

  • 温度を16℃から24℃に設定する
  • 心臓から遠い足先から徐々に全身を水につけるようにして入る

というものでした。

 

私も水風呂に入るときには、心臓から遠いところからゆっくりと入ることを心がけようと思いました。

冷たい水に急に体を入れるのはよくないので、まずはプールのときように冷たいシャワーを浴びて体を慣れさせる、というのも良いかも知れませんね。

 

水風呂には美容や健康だけでなく、アレルギーにも効果があるようです。

花粉症をお持ちの方は多くいらっしゃるかと思いますが、水風呂で効果が発揮されたらうれしいですよね。

 

これらを参考にして、水風呂に入るときには正しい方法でつかるようにしましょう。

スポンサーリンク

ライフハック
ライフハック

ライフハックカテゴリーでは、知っていることで生活に役立つ便利な情報を提供しています。

たとえば

宝くじに当たる秘訣
ディズニーのお菓子缶の使い道
お小遣いが少ない主婦の節約術
など。

日常生活を少し快適にしたい方はぜひ他の記事も読んでみてください。

ライフハックカテゴリーへ

スポンサーリンク