MENU
トラブル対処法

親の介護は義務なの?兄弟で誰がみる?放棄や拒否はできない?

日本では核家族化が進んでいるといわれています。

大人になって、自分の人生設計を考える上で、外せないのが親の介護についてですよね。

 

一人っ子だという方はもちろんのこと、兄弟が居るという方も、誰が介護をするのかと考えなければいけません。

家族を持つようになると、自分だけでなく自分の新しい家族にも介護の手伝いをしてもらうことになるかもしれません。

 

まだ介護が必要な年齢ではないと安心して居る方も、いつ親に介護が必要なときがくるかわかりません。

しっかりと親の介護について知っておかなければいけませんよね。

 

兄弟間であまり話をしないという方も多いかと思います。

しかし、目を背けてばかりではいざというときに困ってしまいます。

兄弟間でトラブルになってしまうのは避けたいですよね。

 

そこで今回は、

  • 親の介護をすることは義務なのか
  • 親の介護は兄弟の誰がするべきなのか
  • 親の介護は放棄したり拒否したりすることはできないのか

についてご紹介します。

 


親の介護をすることは義務なの?

親の介護をすることは義務なの?

親の介護はそもそも子どもがしなければいけないという義務があるのでしょうか。

今までそんなことは聞いたことがない、という方が多いのではないのでしょうか。

 

一般的に子どもとして介護をすることは当然、という風潮があるように思いますが、法律ではどうなのでしょうか。

気になりますよね。

 

この答えは民法に書いてあります。

民法877条によると、「直系血族(祖父母・父母・子・孫など)および兄弟姉妹は、互いに扶養をする義務がある。」という記載がありました。

 

さらに、この直系血族においても、特別な事情があって介護できないと家庭裁判所が認めた場合、三親等間の親族にも扶養の義務を負わせることができるということでした。

 

これより、子供は親の介護をする義務がある、ということがわかります。

さらに、子供だけでなくて孫の場合にも、兄弟姉妹や夫婦間でも介護の義務があります。

 

やはり子どもとして基本的には親の介護はしなければいけません。

 


親の介護は兄弟の誰がするべきなの?

親の介護は兄弟の誰がするべきなの?

では、親の介護は兄弟が居る場合、誰がするべきなのでしょうか。

兄弟間であまり話し合うことがないかもしれませんが、親の介護は押しつけ合ってしまうことも多いのではないでしょうか。

 

介護の大変さはテレビや新聞などいろいろなメディアで伝えられているので、できれば他の兄弟に任せたいという方もいらっしゃるでしょう。

家族が居るから、遠くに住んでいるからと、責任を放棄してしまう方も中にはいるようです。

 

親の介護をしなければいけないときになって、兄弟間でトラブルになることもあります。

親の介護は兄弟の誰がするべきなのかについてみていきましょう。

 

戦後には長男が親の介護をするべき、という考えが広まっていました。

しかし、現在は長男がしなければいけない、という決まりはありません。

 

一人っ子の場合は自分がする、というのが一般的ですが、兄弟が居る場合には親の面倒をみる金銭的な余裕と環境によって決まります。

誰が面倒を見るのかということを話し合うときには、兄弟の順番や男女の差は関係ないのです。

 

法律的には金銭面や家族の環境などで一番余裕がある人が見るのが妥当です。

実際に世間では、女性が介護をしているケースが多いようです。

娘や、息子の妻が介護をしている割合が高いです。

 

介護をするために2世帯や一緒に住む、ということも必要になってくるので、早めに兄弟間で話し合っておくことが大切です。

 

親の介護は放棄したり拒否したりできない?

親の介護は放棄したり拒否したりできない?

最後に、親の介護は放棄したり拒否したりすることが出来ないのかについてみていきましょう。

最初は親の介護を引き受けていても、やはり働いていると特に負担はかなり大きいですよね。

介護疲れで毎日が辛くなり、やめたいなと思う人は多くいらっしゃるでしょう。

 

最近の傾向としては、自分の親に介護が必要だという状況になっても、割と他人事のようにあまり深刻に受け止めないというケースが多いようです。

これらの場合は、自分で面倒をみるという選択をしないで、介護事業者などプロの方に親の介護を任せている人が多いです。

 

現状として、2人に1人が介護を放棄しているというデータがあります。

やはり多くの人が親の介護を負担に思って、プロに任せているということですね。

 

しかし、親に介護が必要な状態でも何も行動しないというのには問題があります。

高齢の親が、自分の力で生きていくことができないということを知っていながらも、これを放置したという場合には保護責任者遺棄という罪に問われてしまうのです。

 

こちらの保護責任者遺棄罪は刑法218条に定められています。

乳幼児や高齢者などを保護する責任のある人が、このような義務を放棄した場合、5年未満の懲役が科せられます。

 

しかし、親の介護放棄に関して保護責任者遺棄罪が適用されるかどうかということは、被害者側、加害者側双方の状況によって左右されます。

どうしても手に負えないという場合には、罪になってしまう前に、介護や福祉の専門の人に相談をしましょう。

 

相談をしないで抱え込んでしまうことで、介護放棄が起きる事が多いです。

専門家に相談して、どうしていくべきか解決法を見いだしていくことが大切です。

 


まとめ

今回は、親の介護は義務なのかということについてご紹介しました。

その答えは、

  • 民法877条より、子どもは親の介護をする義務がある
  • 特別な事情があって介護できないと家庭裁判所が認めた場合、三親等間の親族にも扶養の義務を負わせることができる

ということでした。

 

私は一人っ子なので親の介護について最近少しずつ考えるようになりました。

結婚も、親の介護について話し合って理解してもらった上でしようと思っています。

介護は思っている以上に大変な毎日になるので、やはりパートナーの理解がなければ厳しいですよね。

 

兄弟が居ると、やはり誰が介護をするかについて揉めてしまうことも有るかと思います。

しかし、やはり基本的には子どもの義務として親の介護はしなければいけません。

 

金銭面や家庭の事情などで、理由があって面倒をみられない、と言う場合も有るかと思います。

自分では解決できない、どうしようと思ったら、まずは専門家に相談してみましょう。

 

早めに親の介護について考えていくことが、いざというときにトラブルなく対応できるコツだと思います。

スポンサーリンク

トラブル対処法
トラブル

トラブル対処法カテゴリーでは、その名の通り、なんらかのトラブルに遭ったときの対処法をまとめた記事を掲載しています。

たとえば
道路に財布を落とした
暖房が効かない
子供に落書きされた
など。

トラブルの対処法に関する他の記事も見たい方はこちらをクリックしてください。

トラブル対処法カテゴリーへ

スポンサーリンク