豆知識

修学旅行で眠れなくなる理由と対処法!簡単に眠れる方法を紹介

あなたは学生の時、修学旅行で眠れなくなったという経験はありませんか?

そわそわ、わくわくしてなんだか寝付けなかったという方は多くいらっしゃるかと思います。

 

私は高校の時に修学旅行でアメリカへ行ったのですが、慣れない土地だからなのか全く寝られずに朝を迎えたという経験があります。

修学旅行に限らず、旅行先でもなかなか眠れず朝を迎えてしまうという方は多いでしょう。

 

寝られないと、1泊であればさほど影響も無いかと思いますが、2泊以上だと疲れが残ってしまいますよね。

できればしっかりと睡眠をとりたいものです。

 

そこで今回は、

  • 修学旅行だと眠れなくなる理由
  • 環境が変わっても眠るために必要なこと
  • 簡単に眠る方法やグッズ

についてご紹介します。


修学旅行だと眠れなくなる理由は?

修学旅行だと眠れなくなる理由は?

まずは、多くの人が経験する修学旅行で眠れなくなってしまう理由についてみていきましょう。

枕が違うから

まずは、いつも寝ている枕と違う物だから、という理由があります。

枕は睡眠にとってとても大切なものです。

 

枕はかさばるので修学旅行に持って行けないですよね。

枕が変わると寝ているときの首の角度がしっくりこなくて寝られなくなってしまうことが考えられます。

 

私も旅行先のホテルで枕がなかなかあわなくて、寝られないことがあります。

寝られても、首が痛くなることが多いです。

 

枕があわないと寝付きがよくないということはよくあります。

環境が変わり興奮しているから

修学旅行先では遠くに行くため、環境が全然違いますよね。

部屋で寝るのとは違うので、リラックスできずに興奮状態になります。

 

落ち着かないと眠りにつけないですよね。

体が環境の違いを敏感に感じ取ってなかなか寝られない、ということがあるのです。

友達と一緒だから

普段は家族しか居なかったり、お部屋で一人で寝ていると思いますが、修学旅行先では友達と同じ部屋になりますよね。

環境が違うと眠れなくなる、というのはなかなか一緒に寝ることのない人と寝るから、ということも含まれているのです。

 

友達と一緒に居て話していたら朝になっていた、などということはよくありますよね。

 

修学旅行は友達と夜に語り合うことも多いため、眠れない原因になってしまうこともあるのです。

 


環境が変わっても眠る為に必要なことは?

環境が変わっても眠る為に必要なことは?

では、環境が変わっても寝るためには、どんなことが必要なのでしょうか。

部屋の温度を調節する

ホテルの部屋は空調が効きすぎて寒いことがありますよね。

睡眠には部屋の温度も大切なのです。

 

布団も1枚、ということが多いですので、エアコンで温度調節を行うことをおすすめします。

少し暖かくすると寝付きが良くなります。

パジャマを持参する

寝るときには普段から着ているパジャマを持って行って着ることをおすすめします。

ホテルなどではバスローブタイプや浴衣のタイプなど、部屋着が普段のものと全く違うことが多いですよね。

 

肌に触れるものですので、肌に合わないとなかなか眠れないこともあります。

パジャマを持って行くとだいぶ眠りやすくなるかと思います。

 

簡単に眠る方法やグッズを紹介

簡単に眠る方法やグッズを紹介

最後に、簡単に眠る方法についてみていきましょう。

テレビやスマートフォンの光を遮断する

最低でも寝る1時間前からは、テレビやスマホなどの電子媒体を遮断することで眠りやすくなります。

眠れないという方は、寝るぎりぎりまでスマホをいじっている場合が多いです。

 

スマホからはブルーライトが出ているため目がさえますし脳が起きてしまうのです。

眠れないという方は、テレビやスマホを早めに消してみることをおすすめします。

深呼吸をする

慣れない環境だと、自然と呼吸が浅くなってしまっている可能性が高いです。

興奮している状態を落ち着かせるためには、呼吸を深くして整えることが有効です。

鼻から10秒ほどかけて息を吸い、同じくらいの時間をかけて口から息をはき出す、というのを何度か繰り返してください。

自然と眠気がやってくるかと思います。

あたたかいものを飲む

カモミールティーなどの温かい飲み物を飲んで体を温めることで、眠りにつきやすくなります。

ホットレモンなどもおすすめです。

 

できるだけノンカフェインのものを選ぶようにしてください。

お風呂につかって体を温めるだけではなく、体の中も暖めることで寝られるようになることが多いです。

 

お部屋にポットがあることは多いと思いますので、お湯を沸かして飲むだけでもかなり変わってくると思いますよ。

飲み過ぎには注意して、ゆっくりと飲み、体を芯から温めてあげましょう。

 


まとめ

今回は、修学旅行で眠れなくなる理由と対処法についてご紹介しました。

修学旅行で眠れなくなる理由は

  • 枕が変わるから
  • いつもと違う環境におかれて興奮状態にあるから

等というものでした。

また、その対処法としては

  • 電子媒体からの光を遮断する
  • 深呼吸をする
  • 温かい飲み物を飲む

等があります。

 

修学旅行などでなかなか眠れなくて困っている方は多いかと思います。

ぜひこれらを参考にして、旅行先でもぐっすりと眠って、次の日も元気に楽しみましょう。

スポンサーリンク

豆知識
マメ知識

豆知識カテゴリーでは、主に日常生活でよくある疑問に対する答えを書いた記事を掲載しています。

雪の日のワイパー上げるのなぜ?
エースピッチャーの背番号が18番なのはなぜ?
プレゼントに隠された意味とは?

など、ふと疑問に思うことへの答えが満載なのでぜひ見てみてください。

豆知識カテゴリーへ

スポンサーリンク