人間関係・心理

友達にお金貸してと頼まれ上手に断る方法10選!貸す事のデメリットは?

友達にお金を貸してほしいと頼まれたことはありますか?

あると答える方は意外にも多いのではないでしょうか。

 

私も以前2人の友人にお金を貸してほしいと言われたことがあります。

そのうち1人は断って、もう一人は少額を貸しました。

 

しかし、少額であってもやはりお金を貸すと言うことは良いことではありませんよね。

一時的にお金が必要、と言う場合が多いかと思いますが、返ってくるかは信頼関係によります。

 

私は運良く返ってきましたが、やはりそのあとはだんだんと連絡をとらないようになっていきました。

信頼して貸してそのお金が返ってきたとしても、その後の関係が悪くなってしまうことがあります。

 

今回は、

  • 友人にお金を貸してほしいと頼まれたときの断る方法
  • お金を貸すことのデメリット
  • お金を貸すことにメリットはあるのか

についてご紹介します。

 


友達にお金貸してと言われて上手に断る方法10選!

友達にお金貸してと言われて上手に断る方法10選!

まずは、友達にお金を貸してほしいと言われたときの断る方法を10個見ていきます。

1.お金がないと言う

お金がない、と言うのが一番良い方法かと思います。

もちろんお金があったとしてもないと言うのが正しいです。

相手も何も言えませんし、自分が借りたいくらいだと言われたら仕方ないなと思うでしょう。

2.貸し借りをしない関係が良いという

これは人として大切なことだと思います。

お金の貸し借りをしない主義である、と伝えることは、今後の付き合いのこともしっかりと考えていると思ってもらえるはずです。

 

貸し借りによって友情が壊れてしまうのがいやだから、ときちんと理由を説明した上で伝えて下さいね。

3.夫または妻がお金を管理していると言う

夫または妻がお金を管理しているため、相談しなければいけないという断り方もおすすめです。

家庭がある場合は、家庭にも迷惑をかけると言うことを自覚させることで、借りてはいけないなと思わせます。

 

その人には借りたいと思っても、その人の夫や妻にお金を借りたいと言うことを知られたくないと思うことが多いかと思います。

家族にかけるのは良い断り方だと言えるでしょう。

4.食事や物で援助をする

お金は貸せないけれど、物や食事の援助をする、というのも友達としてよい方法だと思います。

お金の代わりに援助してあげるというのであれば、出来る方も多いですよね。

5.話は聞くという

お金は貸せないけれど、話は聞くよと言って、お金を借りなければいけない理由を聞きましょう。

聞いた後は、解決法を一緒に考えてあげると良いでしょう。

お金を貸さなくても解決できることかもしれません。

6.大きな出費をする予定があると言う

これから車を買わなければいけない、など大きな出費の予定があることを伝えれば、相手も諦めてくれるかと思います。

申し訳ないけれど、としっかりと断りましょう。

7.家のローンがある

家のローンがあって毎月厳しい状況にある、というのも具体的に挙げているので理由としてはおすすめです。

お金がない、と言うよりもローンが、と言った方が現実味がありますよね。

8.転職する予定だという

転職を考えていて自分もお金を貸せるような状況ではない、というように、逆に自分も悩みを打ち明けるというのは上手な断り方だと思います。

9.その場を離れる

その場しのぎの方法ですが、お手洗いに行くなどその場を離れることも良いでしょう。

その場を離れて一旦時間をおくことで、相手も本当に話すべきか考えるでしょう。

離れてから戻ってきたときに、お金のことで悩んでいる、ということをこちらから言ってしまうのも良いかと思います。

10.はっきりと断る

やはり最後ははっきりと断るのが良いかと思います。

「貸して」と言われて、「貸せない、だめ」と言うのは勇気がいるかと思いますが、意外とハッキリ無理だと言われた方が友人の心に響くこともあります。

 


友達にお金を貸す事のデメリットは?

友達にお金を貸す事のデメリットは?

では、友達にお金を貸すことのデメリットについてみていきましょう。

まずは、お金が返ってこない可能性が高いということです。

たとえ信用している友人だとしても、お金を借りて返せなくなり、仲が良いからこそ言いづらくなってしまう、ということがあるのです。

 

返ってこなくて泣き寝入りしてしまうというパターンも多いのです。

そして、これにより高確率で友情が壊れてしまいます。

お金を貸し借りしたことでぎくしゃくしてしまい、これから付き合わない方が良いかな、と思ってしまいますよね。

 

お金は貸す方にも責任があります。

相手のことも考えて、貸さないという選択をするべきだと思います。

 

お金を貸す事にメリットはあるの?

お金を貸す事にメリットはあるの?

では最後に、お金を貸すことにメリットはあるのかについて見ていきます。

お金を貸してよいことはほぼありません。

 

しかし、つきあいが長くてきちんとした理由がある場合には、一概に貸さない方が良いとは言えません。

実際に、お金を友人から借りたけれど夢を叶えて成功して倍以上のお金を返し、恩も返して良い付き合いをしているという方もいるようです。

このような場合は、あのとき貸したのもよかったのかな、と思えるかも知れません。

 

ですがこの確率は低いので、貸さないのが無難かと思います。

 


まとめ

今回は、友人にお金を貸してほしいと頼まれたときの断る方法についてご紹介しました。

その方法は、

  • 自分もお金がなくて困っていると言う
  • お金以外の物で援助をする
  • 話を聞いてあげる
  • はっきりと貸すことはしないと言う

などでした。

 

お金を貸してほしいと頼まれると、それが仲の良い人であるほど悩んでしまいますよね。

 

しかし、お金を貸し借りする仲はよくないです。

金の切れ目が縁の切れ目ともいいますよね。

これらの断る方法を参考にして上手に断って、お金の絡まない良い関係を築いていけるようにしましょう。

スポンサーリンク

人間関係・心理
人間関係・心理

人間関係・心理カテゴリーでは、人間関係や人間の心理に関する悩みを解決する記事を掲載しています。

たとえば
男性が視線をそらす意味
狭い場所が落ち着く人の心理
電車のつり革につかまらない心理
など。

人間関係・心理について他の記事も読みたい方はこちらをクリックしてください。

人間関係・心理カテゴリーへ

スポンサーリンク