生活お役立ち系

夜におすすめの果物とは?夜に食べると太る?

ダイエットをしているときは、夜食べるものには気を使いますよね。

いろんな夜食がある中で多くの人がヘルシーだからと取り入れているのが果物ではないでしょうか。

 

果物というと健康的なイメージも強いのですが、実は果物に中には夜に食べるとさまざまなトラブルの原因になるものも!

 

知っておかないと知らず知らずのうちに逆効果になっていたりしますよ。

 

そこで今回は果物は夜食べない方が良いのか?

その原因と夜に食べるのであればおすすめの種類を紹介していきます。

夜に果物を食べると太る?痩せる?

夜に果物を食べると太る?痩せる?

栄養満点でカロリーが低いことで知られる果物、ダイエット中にも間食よして取り入れている方、多いかもしれませんね。

 

ただ果物は気をつけないと痩せるどころか、逆に太ってしまう危険性もあるんです!!

 

その理由は果物に含まれる果糖です。

 

果物は甘さがおいしさのポイントでもありますがこの甘さは主成分の果糖によるものです。

果糖はジュースなどにも利用されているのですが、特徴として消化吸収が早く血糖上昇しにくく、エネルギー補給に有効というのがあります、

 

ただ一方で中性脂肪に変わりやすいということから夜に食べることでそのまま寝てしまうことが大半なので、エネルギーに使わずに中性脂肪を蓄えてしまう結果になるのです。

 

ではいつ食べるのが良いのか?

 

というと朝食です。

ビタミンやミネラル、食物繊維なども豊富なので美容にも健康にも大変有効ですよ。

 

ただし食後のデザートにしてしまうと朝ごはんが消化の邪魔になって胃の中に残り消化不良や腸内環境の悪化につながる可能性があります!

朝ごはんを食べる時にちょっとだけ取り入れる、または朝ごはんを果物をメインにしてしまうのがオススメです。

夜に食べたほうが体に良い果物とは?

夜に食べたほうが体に良い果物とは?

とはいえ果物が好きな人にとって夜に食べられないのはちょっとストレスですよね。

そんな時におすすめの果物がいくつかあります!

 

例えばキウイ

 

キウイにはソラレンという日光に当たることで紫外線を吸収しやすくする成分も含まれています。

 

つまり朝食べると日焼けしやすくなる可能性もあるんですね。

こういった理由から夜に食べた方が良いとされています。

 

しかもキウイはGI値といって炭水化物が消化され糖に変化するまでの速さを表している値のことですがこれが低いので比較的血糖値の上昇も緩やかで太りにくい!

 

と言われていますよ。

 

栄養も豊富でビタミンはみかんの2倍、食物繊維もバナナの2倍も含まれているんだとか!

半分にカットすればあとはスプーンでささっと食べられるお手軽さも人気の理由です!

 

他にはいよかんや、みかんもソラレンを含んでいてGI値が低いフルーツとして知られています。

夜に是非取り入れてみてください!

ヨーグルトと一緒に!簡単果物デザートの作り方

ヨーグルトと一緒に!簡単果物デザートの作り方

果物は夜に食べるよりも朝の方が効果的ではあるものの、夜に食べられる種類もあることがわかったところで今度はおすすめの食べ方についてです。

今回は腸内環境改善などに役立つヨーグルトと一緒に食べる方法を見ていきましょう!

ヨーグルト+バナナ

まずオススメがバナナと組み合わせる食べ方です。

 

完熟前のバナナを入れることで便秘解消効果はより高くなります!

 

結果的にダイエットなんかの効果も期待できます!

またこれに蜂蜜を入れるとデトックス効果にもつながります。

ヨーグルト+キウイ

次にキウイです。

 

前項でも説明した通りキウイにはビタミン、食物繊維が豊富です!

 

女性の方であれば特に取り入れたい果物の1つですね。

味もヨーグルトと相性バッチリですよ。

スライスアーモンドを入れるとより腸内環境にも良いですし食感も美味しいです。

ヨーグルト+プルーン

プルーンも栄養豊富な果物として知られていますが、こちらも食物繊維が豊富で便秘解消につながります。

プルーン単体では苦手な場合もヨーグルトと混ぜることで食べやすくなるので是非試して見てください!

 

ちなみにヨーグルト自体は100gで130kcalと意外に高カロリーな食べ物!

 

これに果物を加えるとさらにカロリーは高くなってしまいます。

ですからもしもヨーグルトを取り入れるのであれば食事の量も調節した方が良いですね。

 

いつもの食事に取り入れると太ってしまう可能性がありますよ!

 

ただ果物のみで食べるよりもヨーグルトと食べた方がより便秘解消効果があり、余分なものを体に溜め込まず済むというメリットも大きいですね。

ヨーグルトも一緒に食べる日は、その分ご飯を小盛りにするなどして工夫し、健康で美しい体を作っていきましょう!

まとめ

いかがでしたか?

果物はカロリーが低くいくら食べても問題ないように思えますが実際はそうではなく果糖が多く含まれることから太りやすくなるというデメリットがあることも覚えておかなければなりません。

とはいえ今回紹介したように夜に食べても問題ない果物もいくつかあります。

 

どうしても朝は忙しくて果物まで食べていられない!

 

という方はもいるはずなので覚えておくと安心ですね。

今回挙げたヨーグルトと果物の組み合わせは、ヨーグルトをレンジなどで温めホットヨーグルトのするのもオススメですよ。

是非試してみてください!

スポンサーリンク