家事の悩み

レザーグローブの臭いの取り方は?洗ってOK?革の正しいお手入れ方法!

 

一目惚れして買ったレザーグローブのことなんですが、ちょっと臭いが気になるんです。

 

革製品って、もともと独特の臭いがしますよね。

グローブを脱いだら自分の手まで臭くなっていて、困ってしまいました。

 

もちろん使っていくうちに染み付いてしまうイヤな臭いも気になるものです。

 

こういった皮革製品の臭いの原因って何なのでしょうか?

臭いの取り方として、洗っちゃえばいいのかなと考えたのですが、そもそもレザーグローブって洗ってもいいものでしたっけ?

 

お気に入りのグローブなので、この機会に革製品の正しいお手入れの方法を調べてみることにしました。

革ってお値段もいいですし、できるだけ気持ちよく長く使いたいですよね。

意外な臭い取りの方法もまとめましたので、どうぞ参考にしてくださいね。


レザーグローブの気になる臭いの原因と取り方!

レザーグローブの気になる臭いの原因と取り方!

新品の革製品の臭いの原因は、原料の皮を製品にするまでの加工過程で使われた、いろいろな薬剤の臭気が残っているためです。

この新品の独特の臭いは、使っているうちにだんだん薄くなっていきますが、できれば早く取り除きたいものですね。

 

また、革製品を雨に濡らしてしまったり、汗をかいてそのままにしておいたりすると、湿気や汚れに雑菌が繁殖して臭いの原因になります。

革の臭いとはまた違う、ホコリっぽいようなカビっぽいような臭いは不潔な感じなので、すっきりと消臭して気持ちよく使いたいですね。

 

ここでは、重曹を使った革製品の臭い取りの方法をご紹介します。

 

最近はエコな洗剤として多くのお宅に常備されている重曹ですが、洗剤としてだけでなく消臭剤としても重宝するものです。

掃除用としてホームセンターや100円ショップに売っているものを使います。

重曹を使う革製品の臭いの取り方

  1. 重曹を、布袋や履き古しのストッキングなどに入れて口をしばり、消臭袋を作ります。
    重曹の量は、レザーグローブなら100g程度でいいでしょう。
  2. レザーグローブなど臭い取りをしたい革製品を、大きめのビニール袋にすっぽりと入れます。
  3. 1の消臭袋を2のビニール袋の中に入れ、1日放置します。

 

これで臭いが消えないときやバッグなど大きな物を扱う場合は、消臭袋の数を増やしたり、放置する時間を増やしたりしてみてください。

 

重曹を使う方法は、家庭で簡単にできて革製品を傷めることもないので、いちばんに試して欲しいやり方です。


レザーグローブは洗ってOK?臭いが消える洗い方を紹介!

レザーグローブは洗ってOK?臭いが消える洗い方を紹介!

もちろん、イヤな臭いを消すためには、洗う方法も効果的です。

ですが、レザーグローブなどの革製品は基本的に水洗いすることができません。

 

革はとてもデリケートなので、普通の洗剤や洗濯機で洗うどころか水に漬けるだけでも簡単に変質してしまうんです。

革製品を洗うときは、専用の洗剤を使って風合いを守ることが大切です。

 

スプレータイプのレザークリーナーなら、グローブの表面に吹きかけ、柔らかい布で拭き取るようにすれば臭いも軽減されます。

専用洗剤は、その商品の使い方をよく読んで説明どおりに取り扱いましょう。

 

丸洗いできるタイプの専用洗剤もありますが、量が多く値段も高いですね。

洗いたいものがグローブなど少数で、価格的にクリーニングに出すのと変わらないなら、プロにおまかせしたほうがいいと思います。

 

すでに新品ではなく、少々なら型崩れしたり風合いが変わってもいいと納得できる場合は、ヘアシャンプーとリンスを使ってやさしく押し洗いしてみるという手もあります。

型くずれしないように注意して、風通しの良い場所で陰干ししたら、専用のクリームで保護しておきます。

通勤など日常用の革手袋なら、シャンプー洗いも清潔に使えていいですね。

革製品にイヤな臭いがつかないための正しいお手入れ方法!

革製品にイヤな臭いがつかないための正しいお手入れ方法!

革製品は、布のようにじゃぶじゃぶ洗うことができませんので、気持ちよく使うためには正しいお手入れが大切です。

 

レザーグローブの場合は、素手にはめるものですからどうしても汗で湿っぽい状態になりがちですし、雨に濡れることもありますよね。

そのままにしておくとイヤな臭いがついてしまいますので、よく乾燥させることが大切です。

 

雨の日は使わないのがいちばんですが、もし濡れてしまったら、すぐに乾いたタオルで押さえるようにして水分をとります。

できれば、早いうちにレザー用のクリームを塗っておきます。

これは、デリケートな革が乾燥して固くなってしまわないように保湿してあげるためです。

 

革は、湿気にも乾燥にも弱いんですね。

ですから、乾燥させるときは日に当てることはせず、風通しの良い場所で陰干しにします。

 

革靴は2足以上を用意して交互に履き、休ませるようにするといいますよね。

レザーグローブもできれば毎日同じものを使わないようにするといいでしょう。

 

季節が終わって保管するときは、カビが生えないように気をつけます。

汚れを落としたら陰干ししてよく乾かし、クリームで保湿してから、除湿剤や防虫剤と一緒に衣装ケースに仕舞っておきましょう。

また来シーズンには気持ちよく使うことができますよ。

 


まとめ

新しいレザーグローブには、革製品独特の臭いがあります。

重曹を使った臭い取りで、はじめから気持ちよく使うことができますね。

 

その後は、湿気に気を付けて、クリームでお手入れしながら大切に使いたいものです。

しばらく使い込んだら、シャンプーやリンスを使った手洗いにも挑戦したいと思いました。

 

革製品は長く使っていると味が出ていっそう愛着がわきますよね。

このグローブも手に馴染むまでずっと愛用していきたいなと思います。
 

スポンサーリンク

家事の悩み
家事

家事の悩みカテゴリーでは、主に家事中によくある悩みに対する答えを書いた記事を掲載しています。

たとえば
炊飯器の早炊きと普通炊きの違い
ゴミのカラス被害を防ぐ対策
黄ばんだ脇汗染みを落とす方法
など。

主婦や初めての一人暮らしでありがちな悩みを解決してるのでぜひ見てみてください。

家事の悩みカテゴリーへ

スポンサーリンク