生活お役立ち系

バスタオルの臭いの原因は?臭いの取り方や、正しい洗濯の方法も紹介!

臭い

バスタオルを顔に当てた瞬間、ん?臭い!なんていう経験はありませんか?

せっかくお風呂に入ったのに、嫌な臭いのバスタオルを使うのは、ちょっと抵抗がありますよね。

洗濯したはずなのに、どうして臭いが取れないんだろう・・・と悩んでいる方も多いのではないでしょうか?

今回は、バスタオルの臭いの原因と、付いてしまった臭いの取り方、そして、正しい洗濯の方法について紹介します。

バスタオルの臭いの原因は?

モラクセラ菌

バスタオルの臭いの原因は、繊維に染み込んだモラクセラ菌という雑菌によるものです。

モラクセラ菌自体には、臭いはないのですが、バスタオルについた水分や、皮脂、汗を栄養として繁殖したモラクセラ菌が出す代謝物が、臭いの原因です。
 

そして、このモラクセラ菌の代謝物は、洗濯や、天日干しでは、落とすことが出来ません。

そのため、洗濯したはずなのに、バスタオルを使用すると、臭い・・・という状況が繰り返し起こります。

バスタオルの臭いの取り方は?

煮沸消毒

このモラクセラ菌は、洗濯や、天日干しでは、取り除くことが出来ませんが、熱に弱いことが分かっています。

こちらでは、それを利用したバスタオルの臭いの取り方について紹介します。

煮沸消毒

大きめの鍋にお湯を沸かし、洗剤と酸素系漂白剤を入れて、バスタオルを煮込んだ後、洗濯機で洗濯し、天日干しにします。
 

雑菌が、熱に弱い上に、漂白剤も併用して使用するので、一番効果的な方法です。

熱湯消毒

大きめの容器に熱湯と、酸素系漂白剤を入れて、数時間漬け置きし、その後、洗濯機で洗濯し、天日干しをします。

使用する熱湯は、50℃~60℃程度なので、浴槽でも行うことが出来ます。

漬け置きをしている間に、お湯が冷めてしまうので、時々、熱湯を足して温度を保つことがポイントになります。
 

煮沸消毒では、バスタオルのように大きな物だと、一度に消毒することが出来ないため、何度も繰り返す手間がかかりますが、熱湯消毒だと、一度に何枚も消毒することが出来て、便利な方法です。

レンジで消毒

コットン100%の場合のみになりますが、濡らしたバスタオルを耐熱性のあるビニール袋に入れ、2分ほど温め、その後、洗濯機で洗濯をし、天日干しにします。
 

手軽な方法ですが、バスタオルは大きいため、ハンドタオルや、フェイスタオル等の小さいタオルの方が適しています。

バスタオルの正しい洗濯方法は?

バスタオルを干す

ここまで、バスタオルに付いてしまった嫌な臭いの取り方について、お話をしてきましたが、最初から臭いを防止することができるのであれば、それが一番ですよね。

こちらでは、バスタオルの嫌な臭いを防止する、正しい洗濯の方法を紹介します。

洗濯機の掃除は定期的に

バスタオルの洗濯以前に、洗濯機の掃除は行っていますか?

洗濯槽には、見えないカビや、汚れが付着しており、その洗濯機を使用すると、余計にバスタオルを汚してしまうことになります。

洗濯機の掃除は、定期的に行っておくことが重要です。

バスタオルは濡れたままにしない

使用後の濡れたバスタオルは、雑菌が繁殖する好条件が整っています。

濡れたバスタオルを、そのまま洗濯機や、洗濯カゴに入れたままにしてしまうと、乾く間もなく、どんどん雑菌が繁殖し、あの嫌な臭いの原因になります。

使用したバスタオルは、洗濯機を使用する直前まで、タオル掛け等に干して乾かし、雑菌の繁殖する環境を、少しでもなくすようにしておくことが大切です。
 

また、バスタオルの洗濯頻度は、菌が繁殖する環境を無くすためにも、毎日するのが正解です。

適量で洗濯をする

洗濯をする際に、洗濯機の大きさに対して、洗濯物が多かったり、洗濯物に対して、洗剤や、柔軟剤の量が適量でないと、しっかり汚れを落とすことが出来ません。

洗濯物が多いから、洗剤も多くしておこう!と考えて使用しても、効果のないどころか、洗濯物や、洗濯機に洗剤が残ってしまい、余計に雑菌が繁殖する環境を作ってしまいます。

洗濯機の容量や、洗剤の使用量の目安をしっかり守ることが大切です。
 

また、洗濯に、お風呂の残り湯を使用される方もいらっしゃいますが、お風呂の残り湯を利用する場合は、残り湯には雑菌も含まれているため、最後のすすぎは、必ずきれいな水で行うようにします。

洗濯後はすぐに干す

せっかく洗濯をしても、濡れたまま洗濯機に入れておくと、雑菌が繁殖してしまいます。

洗濯終了後は、時間を置かずに、すぐに干します。

干す際は、洗濯物と洗濯物の間を十分に開け、風通しを良くすることもポイントです。
 

また、洗濯終了後の洗濯機は、蓋を開けておくと、中が乾燥するので、可能な場合は、開けておくと良いです。

時々、洗濯機を洗濯カゴ代りに利用している方もいらっしゃいますが、洗濯物にも、洗濯層にも、雑菌が繁殖してしまうので、必ず洗濯カゴを用意します。

まとめ

バスタオルの嫌な臭いの原因は、洗濯では取り除くことのできない、雑菌の代謝物によるものでした。

普段の習慣を振り返って、ドキッ!とすることがあった方もいらっしゃるのではないでしょうか?
 

せっかく洗濯をしても、雑菌が残っていると聞くと、あまり気持ちのいいものではないですが、臭いが付いてしまっても、熱消毒で除菌すれば、臭いが取れるとのことなので、気になった時には、すぐに試したいものですね。

普段から、バスタオルの扱いには気をつけて、清潔で、いい香りのバスタオルを、気持ちよく使いたいですね。