生活お役立ち系

トイレの芳香剤がすぐ匂わなくなるのはなぜ?長持ちさせるには?

トイレとは決して軽視できない空間です。

トイレが良い香りだと、気分がいいですよね。

 

そこで欠かせないのがトイレの芳香剤。

でも実際使ってみると、3日くらいすると香りが弱まったと感じることはありませんか?

 

今やたくさんの種類の香りが売られていて、あんなに時間をかけて色々くんくん嗅いで選んだのに…。

よく分からない素敵な名前から一生懸命匂いを想像して選んだのに…。

 

商品の説明欄には、たいてい1~1.5ヶ月はもつと書いてありますから、おかしいですね?

  • しばらくすると芳香剤が匂わなくなる理由
  • 芳香剤の香りを長持ちさせる方法
  • おすすめの芳香剤

これらについて書いていきます!

トイレの芳香剤がすぐ匂わなくなる理由

トイレの芳香剤がすぐ匂わなくなる理由

芳香剤を最初に開けた時って、本当に華やかに良い香りがパ~ッと広がりますよね。

最初こそ理想の香りで嬉しかったのに、どうして数日であまり匂わなくなるんでしょう?

1. 慣れ

まず一つは、「慣れ」です。

 

人の鼻って、慣れてくるとにおいをあまり感じなくなってしまうんですね。

自分がいつもつけている香水や、体臭、自宅のにおいなどが分かりやすい例です。

 

トイレのにおいもそうで、度も嗅いでいる自宅のトイレの芳香剤の香りも慣れてしまって感じにくくなっているということです。

なので、自分があまり匂わないなぁと思っていても、そこへお客さんが入ったら「良い香りですね。」とか言うかもしれません。

2. 乾燥

二つ目の理由は、「乾燥」です。

ゼリータイプや固形タイプは乾燥して表面が固くなってくると香りは衰えてきます。

液体タイプではろ紙の部分が乾燥すると香りが弱まります。

トイレの芳香剤を長持ちさせる方法

トイレの芳香剤を長持ちさせる方法

それではどうすればなるべく香りを長持ちさせられるのか?

 

まず液体タイプでろ紙で液体を吸い上げるタイプの物は、トイレに入ったついでにこまめにシャバシャバ振りましょう。

常にろ紙を乾燥させなければ、常に蒸発させて良い香りを発してくれるはずです。

 

あとおすすめなのはトイレ内の空気を循環させることです。

芳香剤のにおいの粒子は空気よりも重いため、下にたまります。

それを全体に行きわたらせるということで、なんでも良いのですが、ちょうどドアがあるので、ドアをバタバタとやって巨大うちわみたいにしましょう。

 

芳香剤のにおいの粒子が空気より重いということなので、芳香剤を置く場所は床ではなく棚の上などが香りを感じやすいです。

 

あとは、慣れが香りを感じにくくするということなので、芳香剤を買い替えるときは毎回同じものをリピートするよりは、前回とは違う香りを選ぶといいですね。

 

私も移り気な方なので、毎回違う芳香剤を買っています。

今は本当に種類が多くて、選ぶのも楽しいですよね!

おすすめのトイレの芳香剤

おすすめのトイレの芳香剤

それでは、これまで数々のトイレの芳香剤を試してきた私の、おすすめの芳香剤をご紹介します。

まずは王道 「小林製薬 トイレの消臭元」

いろんな香りが出ていますが、臭さがかなり強い職場のトイレとかにおすすめなのは「便臭ストロング」です。

私も以前職場でなぜかとっても臭い男子トイレがあったのですが、そこに置いていました。

本当にストロングでした。

 

あとは「クリーンハーブ」が爽やかで清潔感があり好きです。

これも王道 「エステー トイレの消臭力」

上記の消臭元も、この消臭力も、どこにでも売っていてお手頃価格ですね。

おすすめなのは「アップルミント」「フローラルパッション」です。

これは画期的だと思う 「アース製薬 スッキーリ」

一般的な液体タイプは液体にろ紙がさしてあって、液体を吸い上げますが、これは上下逆さまになった感じです。

液体が上にあってろ紙が下なので、ろ紙が常に潤っております。

すごい、シャバシャバいらずです!

 

たしかに、一般的な液体タイプより香りが長持ちしたと思います。

上下逆にしただけなんだけど名案だと思う、というところにちょっと感動しました。

フレッシュさはピカイチ 「ジョンソン グレード消臭センサー&スプレー」

人が来たときだけセンサーが反応して、シュッと香りを噴射してくれるあれです。

トイレに入った瞬間にシュッとしてくれるので、やはり香りのフレッシュさは強いですね~。

携帯用にも、自宅用にも 「小林製薬 1滴消臭元」

これはマニキュアくらいのサイズで、トイレの水を流した後に、トイレの水が溜まっているところにポタポタと1~数滴たらすものです。

するとそこから良いにおいがします。

 

スィートローズとウォータリーグリーンの2種類で両方持っていますが、個人的には断然「ウォータリーグリーン」がおすすめです。

前者は名前の通り甘い薔薇で、後者は爽やか系です。

 

また小さいのでかばんに入れておいて職場やお店などどこでも使えるのも良いですね。

もちろん自宅でもOKです。

まとめ

トイレの芳香剤が匂わなくなる理由、対策、おすすめの芳香剤について書いてきました。

慣れや乾燥によってにおいを感じにくくなり、対策としては空気を循環させる、芳香剤を置く場所は高めに、いろんな種類を買うということでした

 

トイレがきれいで良い香りだと気持ちのいいものです。

我が家の芳香剤もそろそろなくなりそうなので、また新しい香りにチェンジするのが楽しみになってきました。

あなたのトイレが、快適なトイレになりますように。

スポンサーリンク