生活お役立ち系

珪藻土バスマットの衛生面は大丈夫? 手入れの仕方を紹介します!

珪藻土

最近、人気の珪藻土バスマットの衛生面やお手入れ方法はどのようなものかご存じでしょうか。

お手入れが簡単だと耳にしたことも多いのではないでしょうか。

でも、実際の衛生面はどうなのか、お手入れ方法は面倒ではないのか紹介していきます。

実際に使用されている方もそうでない方も是非、参考にしてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

珪藻土バスマットの衛生面は大丈夫?!

瞬時に水分を吸い取ってくれる珪藻土バスマットですが、お手入れが簡単だということでも人気です。

でも、お手入れが簡単が故に衛生面が気になる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

洗う必要がない珪藻土バスマットですが、基本的には洗わなくても臭くなることはありません。
 

臭くなる原因は雑菌の繁殖なのです。

なぜ雑菌が繁殖するかというと、湿気が続くことが何よりも菌の好む状況なのです。
 

しかし、珪藻土バスマットは常に乾いた状態なので衛生的です。

珪藻土は植物プランクトンが化石になったものなのです。
 

プランクトンからできている珪藻土の表面には目に見えない小さな穴が無数に空いています。

その穴が水分をよく吸収して、その水分を蒸発させやすいという特徴があります。
 

お風呂上がりでビショビショの足の水分をすぐに吸収して水分を蒸発してくれるので、バスマットがカビる原因の湿気が残らないのです。

湿っている状態が短い分、菌が繁殖する暇も無いのでカビも生えませんね。
 

水虫は大丈夫!?

先にも述べましたが、珪藻土バスマットは速乾性に優れていて湿っている状態がとても短いので菌が繁殖する暇が無いのです。

もちろん、水虫の原因である白癬菌も同様で菌が繁殖する暇が無いため、白癬菌が繁殖する可能性はとても低いのです。

また、一部のメーカーの珪藻土バスマットは白癬菌が繁殖しないと断言しているほどです。

スポンサーリンク

珪藻土バスマットのお手入れ方法は?

珪藻土バスマットはお手入れが簡単ということで人気が高いのですが、しばらくするとやっぱり汚れが気になるところです。

まずは、サッとタオルで拭き取ることと日陰干しをして乾かせば吸水力は回復します。
 
またより乾きやすくするために珪藻土バスマットスタンドを使うことをオススメします。

これを使うことでいちいちバスマットをタオルで拭いたりしなくてもちゃんと乾きます。
 

ただし、直射日光は珪藻土バスマットが反ってしまい割れてしまうので絶対にしないでください。
 

また、珪藻土は水分を吸収しますが、皮脂は吸収せず表面に付着します。

皮脂や汚れがついてしまうと目詰まりを起こしてしまい、水分を吸収しなくなります。

家族で使用していたりすると水分の吸収が悪いな、と感じる方もいらっしゃるのではないでしょうか。
 

吸水力が悪くなってきたら、紙やすりで磨いてみてください!

ホームセンターや100均で売っている比較的目の細かい紙やすりを用意して磨いてみてください。
 

汚れがひどい場所は少し強めにやすりをかけることでキレイになります。

紙やすり擦った後の白い粉は掃除機で吸い取ってしまいましょう。

すると、吸水力は元通りに戻ります。
 

スポンサーリンク

珪藻土が割れてしまったらどうする?!

どんなに良質な珪藻土でできたバスマットであっても、雑に扱ったり、不注意で落としてしまったりすれば割れてしまうことも稀にあります。

割れてしまったら接着剤やボンドで付けることは不可能です。

くっつけるのが無理だからといって、そのまま捨ててしまうことはしないでください。
 

なぜかといえば、再利用ができるのです。

割れてしまったら、巾着袋などに入れてシューキーパーにしてみてはどうでしょう。
 

靴の臭いが気になる方や靴箱に入れておき、臭いを防ぐのも再利用の1つです。

家によっては、玄関の壁に珪藻土を付けて臭い防止にしているところもあるので、臭い&湿気防止に靴の中に入れるのはとてもいい利用方法です。
 

ただ、割れてしまってもバスマットとして使える場合は、ケガをしないように紙やすりで擦っておきましょう。

珪藻土バスマットのおすすめブランドは

いろんな珪藻土バスマットのブランドがありますが、おすすめを3つ紹介します。
 

AngLink 珪藻土バスマット MYR

AngLinkの珪藻土速乾バスマットは太古の植物性プランクトン(珪藻)が原料となっています。

また、リーズナブルなお値段なのに他の珪藻土のバスマットに怠らない機能を揃えているのでおすすめです。

soil BATH MAT wave

soilの珪藻土バスマットは製品によって大きさもデザインも性能にも違いがあるのです。

こちらのバスマットは形状が独特なのが特徴的です。

波形の形がバスマットから足離れがよく珪藻土の吸水性との相性がよいのも特徴です。
 

見た目もおしゃれですし、波形の形状が足裏にも気持ちがいいので足つぼマッサージにも活用できそう。

珪藻土と紙繊維でできているので落としても割れないと強度もあります。

宇部興産建材 UB足快バスマット

原材料の珪藻土が日本産だけでなく、製造も日本。

純日本製にこだわっているので安心して使えるというのが人気です。
 

また、最大のポイントとして、珪藻土本来のニオイを吸収する能力を特許技術を用いて吸収した臭いを分解する能力に進化されたもの。

吸収力が落ちた場合は、紙やすりではなくクレンザーと硬めのスポンジでお手入れすることを推奨しているのも特徴です。


 

珪藻土バスマットはメーカーによって、それぞれ特徴があるものですね。

まとめ

珪藻土バスマットはお手頃価格でも購入でき、水分の蒸発性能が高いので衛生面でも安心なことがわかりましたね。

主婦にとって、お手入れも簡単なところは非常に魅力的です。

普通のバスマットであれば本来毎日洗わなきゃいけない手間が省けるわけですからね!
 

この機会に珪藻土バスマットに変えてみてはいかがでしょう。