生活お役立ち系

古くなったハンドクリーム使って平気?使用期限ってあるの?

ハンドクリーム

ハンドクリームって、乾燥が気になる時期になると、自宅用に、持ち歩き用に、と使い切らないうちにいくつも買ってしまったり、プレゼントでもらったりと、いつの間にか増えたりしませんか?

乾燥の時期が終わると、ほとんど使用することがなくなり、ふとした時にハンドクリームを目にすると、これ、いつまで使えるのだろう?と思うことも少なくないと思います。

今回は、ハンドクリームの使用期限と、余ってしまったハンドクリームの活用方法について紹介します。

ハンドクリームの使用期限は?

ハンドクリームにも、他の化粧品と同様に使用期限があります。

この使用期限は、保管状態によっても左右されますが、一般的に、開封済みのもので半年~1年以内、未開封のもので3年以内が目安とされています。

ハンドクリームの使用期限の目安は、一般的な無添加のハンドクリームの場合には、パッケージにしっかりと年月日まで記載されている商品もあります。
 

ハンドクリームは、未開封だからといって、まだ大丈夫!という事は、決してありません。

未開封でも、容器の中で、時間が経つにつれて、成分が酸化し、劣化が進みます。
 

また、開封するとこで、直接、空気や、手に触れる機会ができ、雑菌が入りやすくなるので、さらに劣化の進みが早くなります。

開封後は半年~1年と言わず、早めに使い切ることが望ましいですね。
 

ときどき、保管状態を良くするために、冷蔵庫で保管しているという方がいらっしゃいますが、ハンドクリームには油分が含まれているので、温度差に非常に弱いです。

保管場所を冷蔵庫と指定してある商品以外は、冷蔵庫での保管は、劣化につながるので、避けた方がよさそうです。

使用期限を見た目で判断できる?

使用期限があることが分かったハンドクリームですが、これ、いつ開封したっけ?なんてことありますよね。

しっかりと記憶している人の方が珍しいのではないでしょうか?
 

そんな時は、大まかにはなりますが、見た目で判断することも可能です。
 

ハンドクリームは、しばらく放置しておくと、水分と油分が分離しだします。

分離への前段階として、テクスチャの柔らかさが変化することもあります。

また、酸化による変色がおこっていないかも、判断材料になります。
 

そして、見た目以外にも、判断材料になるものとして、香りがあります。

ハンドクリームには少なからず自然由来のものが使用されているので、劣化が進むと香りが変化したり、異臭がしたりします。

これも分かりやすい判断材料の一つです。
 

目で直接みて、鼻で香りを確かめる、このあたりで判断することになります。

直射日光のあたる場所や、高温な環境で保管していると、使用期限内であっても、劣化の進みが早いので、同様の方法で使用できるかを判断するといいかと思います。
 

また、使用可能と判断しても、実際に手に使用することが心配であれば、まずは皮膚の厚い膝や、肘、踵の保湿などに使用してみると、荒れにくくて良いかもしれませんね。

使用期限の切れたハンドクリームの活用法は?

鏡

これまで使用期限について触れてきましたが、使用期限までに使いきれなかったからと言って、ハンドクリームを捨てるのは勿体ないし、出来れば何かに使用したいですよね。

そこで、こちらでは古くなったハンドクリームの活用方法をいくつかご紹介します。

★シール剥がしとして★

ハンドクリームをシールのうえにたっぷり塗った後、しばらく放置します。

その後、ゆっくり剥がすと、きれいに剥がれます。

★鏡の曇り止めに★

お風呂の鏡に薄くハンドクリームを塗ります。

その後、やわらかい布できれいにふき取ります。

ハンドクリームの油で鏡がコーティングされるので、汚れも付きにくく、お掃除の際にもラクです。

★油さしとして★

切れにくくなったハサミの刃にハンドクリームを塗り、数回ハサミを動かします。

その後、きれいにハンドクリームをふき取って終了。

切れ味が大分戻ります。

★合皮やエナメル製品のお手入れに★

やわらかい布にハンドクリームをつけて優しく拭きます。

さらに乾いた布で拭くと、きれいになり、ツヤもでます。

ただ、ベタつく可能性があるので、本革への使用は避けた方がよさそうです。

★トリートメント代りに★

パサついた毛先にさっとひと塗り。

髪の毛の広がりを抑えられます。

洗い流さないトリートメントとして、シャンプー後の濡れた髪に使用することもできます。

その際は、油分の少ないサラサラタイプのハンドクリームがお勧めです。

まとめ

ハンドクリームの使用期限は、開封済みのもので半年~1年以内、未開封のもので3
年以内が目安ということでしたね。

1つずつ開封して、しっかり使用すれば、ワンシーズンで無理なく使い切ることが出来そうです。
 

また、使い切れない場合も考えて、開封日を覚えておくためにも、ハンドクリームのどこかに、小さく記載しておくのもよさそうですね。
 

もし使いきれない場合でも、これだけ活用方法があれば、ぜひ捨てる前に試してみたいものです。

また、未開封のものが増えてしまったら、お友達や、家族にあげてしまうのも、無駄にせずに済む一つの方法ですね。