仕事の悩み

会社の健康診断の再検査や精密検査の費用は?誰が負担するの?

会社に勤めていると、みなさん年に一度健康診断を受けますよね。

この健康診断で問題が何もなければいいのですが、問題が見つかった場合や、何か少しでもおかしいと感じた場合は再検査を受けることになります。

 

健康診断は誰でもタダで受けることができるわけではなく、費用がかかっているのですが、再検査になったときは誰がこの費用を支払うのでしょうか?

 

また、受けたくない時は再検査を拒否することができるのでしょうか?

今回は、そんな健康診断の再検査について、詳しくご紹介したいと思います。

 

会社の健康診断で再検査に!検査の費用は誰が払う?

会社の健康診断で再検査に!検査の費用は誰が払う?

会社で受ける健康診断の費用は会社が出してくれますが、再検査となった場合は誰が費用を支払うのでしょうか?

 

同じように、会社が負担してくれるのでしょうか。

残念ながら、会社の健康診断で会社が費用を払ってくれるのは、1回目だけで、再検査になると出してくれません。

 

会社に義務付けられているのは年に1回の健康診断と、その結果の通知のみなんです。

つまり、再検査になってしまった場合でも、会社は1度健康診断を実施していますし、再検査という結果を通知しているので義務は果たされています。

 

再検査になってしまうと、再検査費用は全額自腹で払うことになります。

会社が再検査用の時間をとってくれるわけでもないので、再検査を受けに行く時間も作らなくてはいけません。

 

しかし嬉しいことに、健康診断の再検査は健康保険の対象になります。

多くの方は3割負担で、異常があった検査のみの再検査なので、費用はそこまで高くならないと思います。

 


会社の健康診断で再検査になった場合再検査は強制なの?

会社の健康診断で再検査になった場合再検査は強制なの?

費用が自分負担で時間も作らないといけないのなら、正直再検査なんて面倒だし受けたくない、という方もいらっしゃると思います。

 

健康診断の再検査を拒否することはできるのでしょうか。

会社で受ける健康診断は、「労働安全衛生法」という法律で定められており、どんなに小さな会社でも、年に一度の健康診断は必ず受けなければいけません。

 

しかし、定められているのは年に一度だけなので、再検査は受けなくても法律上は何の問題もないんです。

 

もちろん法律に問題がなくても、会社の規則として再検査も受けることが決められている場合は、受けないと罰則が生じます。

 

過去に、健康診断の再検査を強制しなかったことによって仕事による病気が見つかり、それを会社の健康管理の甘さのせいだということで従業員が会社を訴える裁判もありました。

結果はなんと、会社が従業員に対して損害賠償金を支払うことになったんです。

 

そんなこともあってか、規則で再検査を強制している会社も実は少なくはありません。

もしも社員が再検査を受けなかったことで、会社に損害賠償をいちいち請求されていてはたまりませんからね。

 

規則で決められていなくても、再検査を受けなければいけないような問題が身体にある、ということで、そのまま仕事ができないと判断されると最悪クビになってしまう可能性もないとは言えません…。

 

強制されていないとしても、やはり再検査を受けないと、会社側にはマイナスのイメージを与えてしまうことになりますね。

 

健康診断の種類って何がある?

健康診断の種類って何がある?

会社で受ける健康診断の種類は、労働安全衛生規則の第44条に定められています。

その項目は、

  • 既住歴及び業務歴の調査
  • 自覚症状及び他覚症状の有無の検査
  • 身長、体重、視力及び聴力の検査
  • 胸部エックス線検査及び喀痰検査
  • 血圧の測定
  • 貧血検査
  • 肝機能検査
  • 血中脂質検査
  • 血糖検査
  • 尿検査
  • 心電図検査

の11項目です。

 

ほとんどが学生時代のころに行ったような健康診断とほとんど同じもので、どれも一度は経験したことのあるものだと思います。

 

しかし、身長、聴力、喀痰、尿、貧血、肝機能、血中脂質、心電図、血糖の検査は、年齢にもよりますが、医師の判断で必要ないとされた場合は省略することができます。

 

しかし、多くの会社では省略することなく、すべての項目を検査します。

あなたの健康を検査するための健康診断で、普段ではなかなかこのような機会もないと思いますので、しっかりと医師に診てもらってください。

 

健康診断で何か病気が見つかることもあるので、案外頼りになるものですよ。


まとめ

会社での健康診断の再検査は、

  • 費用は保険が適用されるが自己負担
  • 強制ではないが、会社の規則で決められていることもある
  • 項目は、労働安全衛生規則の44条に定められている11項目
  • 医師の判断で項目を省略することもできる

ということでした。

わたしはまだ再検査にはなったことがないのですが、会社側が負担してくれるものだと思っていました…。

 

再検査にならないためにも、健康を維持することは大切ですね。

再検査は強制ではありませんが、体に異常があるかもしれないということなので、受けるようにしましょう。

スポンサーリンク

仕事の悩み
仕事

仕事の悩みカテゴリーでは、仕事中によくある悩みを解決する記事を掲載しています。

たとえば
仕事を辞める理由トップ5
仕事中の眠気を覚ます方法
レッドブルの持続時間
など。

仕事の悩みについての記事をもっと読みたい方はこちらをクリックしてください。

仕事の悩みカテゴリーへ

スポンサーリンク