生活お役立ち系

仕事を辞めたい理由トップ5!辞める方法や辞めにくいときの対処法は?

仕事をしていると辞めたい!

と思う時期は誰にでもあるはず。

 

理由も人それぞれ!

 

もしも会社を辞めたい時にはどうすれば良いのでしょうか?

そこで今回は仕事を辞めたい!

と思った理由で多いものを紹介するとともに仕事を気持ちよくやめるためにはどうすれば良いかなどを見ていきましょう。

仕事を辞めたいと思う理由トップ5!

仕事を辞めたいと思う理由トップ5!

仕事をしていて辛い時期も色々とあるかと思いますが、中でもこれが嫌で仕事を辞めた!

という意見が多いものをいくつかここで紹介して行きます。

給料が低い

まずはやはりお金ですね。

 

お金は働く上で、やる気繋がるもの!

 

いくら頑張っても給料が上がらない、生活が苦しい…

となるとやはり辞めてしまう場合が多いようです。

また自分の働きに給料が見合っていないと感じた場合は特に辞めたいと思う人が多いですね。

仕事が自分に合っていない

次に仕事内容が原因で辞める人も多いですね。

 

仕事はあくまでお金を稼ぐ手段だ!

 

と割り切ってしまう人は良いかもしれませんが、いくら仕事でもやはりやりがいなんかは大切な要素。

どうしても仕事内容が好きになれない場合は辞めたいと感じるもの仕方がないことかもしれませんね。

ほかの仕事の方が自分の力は最大限に発揮できるかもしれません。

激務による体力の限界

会社によって残業が一切ない場合もありますが、時には仕事が深夜にまで及ぶことも。。

 

平日は終電まで毎日働いている!

 

という方も少なくありません。

帰ってご飯と風呂を済ませたら寝てまた出勤をして…

そんなハードスケジュールを毎日過ごしていると休みの日はひたすら寝て終わる場合もおおいはずです。

 

ただこれでは何のために働いているのか?

 

わからなくなってしまいますね。

それでも自分のスキルに繋がっていると頑張っている人も多いのですが、体力には限界があります。

結局気持ちの面ではなく体力が続かず辞めてしまう人もいるわけです。

人間関係

仕事の内容や勤務時間などはその時期でずいぶん状況も変わってくるかもしれませんが、それよりももっと深刻でどうしようもないのが人間関係。

 

もちろん多少苦手な人がいようと仕事に集中していれば良い!

 

という考え方もできるのですが、同じ職場の場合一緒の空間にいる時間が非常に長くストレスはかなり溜まってしまいます。

例えば嫌な態度を取られたり、陰口を言われたり、また無茶な要望を言われたり、仕事を無理やり押し付けられたり…

 

人間関係って難しいものですよね!

 

年配との人との付き合い方がわからずに戸惑う若い世代の人も沢山います。

社風や職場の雰囲気が合わない

他には会社によって違いが出るのが、社内の雰囲気ですね。

女性が多かったり男性が多かったり、飲み会が多い、年功序列で若いうちは意見ができないなどと感じる場合もありますね。

こういった理由で、ほかの会社に入ってみたいと考える方は少なくありません。

仕事を辞める方法は?

仕事を辞める方法は?

仕事を辞めたいと思う理由の中にはなかなか解決するのは難しいものも沢山ありましたね。

皆さん考え抜いた末に仕事を辞める決意をしていることはわかるかと思います。

 

ただいざ辞める意思を固めてもどのような手順で辞める手続きを始めれば良いのかわからない人も多いかと思いますので具体的にみていきましょう。

 

まず最初に行うことは退職日の設定です!

 

いつ辞めるのかを決めないと引き継ぎなどの話もできませんし、そもそも就業規則で1ヶ月前までに申し出ることなどを決められていることも多いのでこれに沿って動かなくてはならないのです。

 

そして辞める時期を決めたら今度は上司に辞める意思を伝えましょう。

ここでは引き継ぎの問題もあるので繁忙期などは避けた方がベターです。

 

また必ずお昼休みなど忙しくない時間に声をかけましょう!

退職理由と感謝の気持ちをしっかり伝えます。

 

そしてついに退職願の提出です!

 

退職日に退職理由、署名や捺印などの記入も必要です。

上司に告げずに急に叩きつけるにはやめてくださいね。

仕事を辞めにくいときの対処法

仕事を辞めにくいときの対処法

会社を辞める手順がわかっても人手不足なんかでそもそも辞めづらい場合には困ってしまいます。

 

会社とも気まずくならずにスッキリ辞められる方法ってあるのでしょうか?

 

まずポイントとして忙しい時期なんかは特に辞めることを切り出しづらいので、少し余裕を持って早めに伝えるなど工夫してください。

また退職理由で引き止められないような前向きな理由も必要でしょう。

例えば自分のスキルアップを理由にする人は多いですね。

 

本当の理由は言わずに建前の理由を伝えるのはマナーのようなもの!

 

最終勤務日まで働きづらい環境を作らないためにも会社の不満などを正直に伝えるのではなく、相手が納得できるような理由を考えましょう。

家庭の事情を理由にしている人も多いですね。

まとめ

いかがでしたか?

会社を辞めたい理由は給料や仕事内容などのモチベーション、また会社との相性に、人間関係などもありましたね。

会社を辞めることは大きな決断のはずです。

 

解決の余地はないのか?

 

まずは考えてみましょうね。

また辞める時には今回紹介したようにしっかりと順序がありますから、マナーとしてしっかり覚えておきましょう。

今の会社をトラブルなく辞められるかどうかは今後の未来にも関わるのでしっかり最後まで大人の対応をしたいところですね。

スポンサーリンク