生活お役立ち系

ペアリングの指による意味の違いは?右手と左手ではどう違う?

ペアリング

恋人と、ペアリングをすることになった時に、どの指にしたらいいのか、そもそも右手と左手のどちらにしたらいいのか、悩むこともあると思います。
 

結論から言えば、結婚指輪以外のペアリングは、どの指にしなければならない、という決まりはありません。

利き手や、指輪のデザインを参考に、2人で話し合って、右手と左手、好きな方の、好きな指につけていいのです。
 

そうはいっても、やっぱり、どの指にペアリングをしたらいいか、悩んでしまう・・・。

そんな場合は、それぞれの手と、指に込められた意味を参考にすると、指輪を選びやすくなると思います。
 

今回は、ペアリングをする手や、指による意味の違いについて書いていきます。

ペアリングの指による意味の違いは?

指

ペアリングをする指ですが、それぞれの指には、込められた意味というものがあります。
 

親指

まず、親指ですが、信念や、権力・権威の象徴を意味します。

親指にペアリングをするイメージは、あまり湧きませんが、太い、ごつめの指輪などは親指にも似合います。
 

二人の愛に、障害があるような場合なら、乗り越えられるパワーを手に入れられるように、親指にするのもいいですね!
 

人差し指

次に人差し指ですが、集中力や行動力の象徴を意味します。

人差し指も、親指と同様に、ペアリングをする指としては、イメージが湧きにくい指ですね。
 

恋人との仲をもう一歩、進展させたいときや、思っていることをなかなか伝えられない、内気な性格なら、積極的になれるように、人差し指にするのもアリかもしれません!
 

中指

さて、中指はというと、ひらめきや直感力の象徴を意味します。

また、自分自身を魅力的にするパワーを得られる指だともされているので、ペアリングをする指というよりも、恋人募集中の場合に指輪をすることが多いように思います。
 

一般的には1番長い指ですし、手の中でも、ちょうど真ん中あたりに位置するので、どのようなデザインの指輪をしても、シルエットがキレイです。

あまり使わない指なので、邪魔になりにくいし、落とす可能性も低いです。

実用性という観点からみれば、指輪をするのには、オススメの指です。
 

お互いが、それぞれに自分の魅力を高めあう意味で、ペアリングをするのもいいかな、と思いますが、パートナーが、やきもち焼きの場合には、けんかにならないように、注意が必要ですね!
 

薬指

薬指といえば、想像・愛の証の象徴を意味します。

ペアリングをする、となった時に、真っ先に浮かぶのが薬指ではないでしょうか。

結婚指輪を左の薬指にはめることから、まだ結婚していないカップルでも、どちらかの手の薬指にペアリングをすることが多いようです。
 

二人の愛を高めたい、穏やかな時間を守りたいという願いを込めて、薬指にするのも素敵ですね。

小指

小指は、というと、秘密やチャンスの象徴を意味します。
 

指きりに使う指でもありますし、2人の幸せな将来を願って、恋のお守りとして、小指にするのもいいのではないでしょうか。

ペアリングは右手と左手でどう違う?

右手と左手

それぞれの指に意味があるように、右手と左手でも、少し意味が変わってきます。
 

まず、右手は、権力と権威の象徴とされています。

これは、日本人に限らず、人間には右利きの人が多いこともあり、右手の方が、活動的なイメージがあることに由来しているようです。
 

ですので、右手にする指輪には、現実的な力を引き出すという意味があり、また、外部からのパワーを呼び込むことができるとも言われています。
 

そして、左手は、外部のストレスから身を守る、信頼と服従の象徴とされています。

左手にする指輪には、秘めた思いを表すという意味があり、恋人への一途な思いを表現するのにはピッタリです。
 

ちなみに、結婚指輪を左手の薬指にするのにも意味があります。

古代より、左手の薬指が心臓(命)に1番近く、また直接繋がっている指だと考えられており、愛の証としてのリングをするのに、最適な指だとされてきたのです。

結局、ペアリングをするならどの指がベスト?

恋人とするペアリングですから、やはり、愛の証を象徴する、薬指にするのが、1番ピッタリな気がします。

結婚しているわけではないし、いきなり左手の薬指にするのは照れくさい、なんて場合には、右手にしてはどうでしょうか?
 

そもそも、薬指そのものが特別な気がして、気後れしてしまう、なんて場合には、恋のお守りとして、小指につけるのもオススメです!
 

私がオススメする、ペアリングをつける指の順番は、薬指、小指、中指の順番です!

まとめ

ここまで書いてきたように、それぞれの指には、込められた思いがあります。

また、ペアリングをする指には、決まりがありません。
 

ちなみに、私がしているペアリングは、鳥の羽根のデザインで、2人が手をつないだ時に、羽根を広げたようになるデザインです。

ですので、私が右の薬指、彼が左手の薬指にしています。
 

恋人と2人で、願いを込めて、どの指にするペアリングを買うのかを、話し合うのも楽しいのではないでしょうか。

2人にピッタリな、お気に入りのペアリングが見つかりますように・・・。